おすすめ車種 2024年5月20日

コスパ重視で中古の普通車を買うなら、不人気車が狙い目?人気の車種や購入のポイントを解説

数多く販売されている普通車のなかには、不人気の車種も存在します。中古車市場で不人気の車種は、相場も下がっているので価格重視の方にとっては狙い目の車だと言えるでしょう。

また、不人気だからといってデメリットが多いわけではありません。不人気の理由が気にならない場合は、とってもお得な車だと考えられますよね。この記事では、不人気な中古の普通車おすすめランキングの紹介や、不人気の車を選ぶメリット・デメリットについて解説しています。

不人気の車が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不人気車の特徴とは?

世間的に「不人気車」といわれる車には以下のような特徴があります。

  • 個性的過ぎるなどデザインが万人受けでない
  • 車両価格や維持費が高すぎる
  • 装備の配置が悪いなど扱いにくい
  • 壊れやすい

このような特徴が当てはまる車は販売台数が伸び悩み、不人気車として見られてしまいます。

しかし、販売台数は知名度やタイミングなども関係しており、「不人気な車=性能が低い車」というわけではありません。例えばひと昔前までは外車は壊れやすいといった世間的なイメージがあったように、世間の固定観念から万人受けしないだけでさまざまな魅力のある車が多く存在します。

また、近年では車業界の技術の向上によって、どの車を選んでも「性能が低い」という心配はほとんど要らないでしょう。

不人気な中古の普通車を選ぶメリット

世間的に不人気な中古の普通車という目で見られていても、マイナスな面ばかりではありません。
ここからは、万人受けのしない中古の普通車ならではのメリットについて紹介していきます。

不人気の中古の普通車のメリットを大きな魅力に感じられる方は、不人気な中古普通車が向いているかもしれません。

個性的で目立つ車が手に入る

高性能な車も安く買える

個性的で目立つ車が手に入る

派手な車

不人気車は人気の高い車種に比べて、街中を走っているのを見かけることが少ないことがポイントです。
人気な車種は、ショッピングモールなど広い駐車場だと同じ車を何台も見かけることがありますが、不人気車は数が少ない分そういったシーンでもひと際目立つことができます。
個性的な車は周囲の目を惹きやすく、目立つ車が欲しいとお考えの方には大きな魅力になるでしょう。

また希少性が高い車種は、車好きのなかでは人気の車種である可能性もあります。人とあまり被りたくないという方にもおすすめです。

高性能な車も安く買える

車とお金
不人気な車の大きなメリットは安く購入できることです。中古車販売店で売れ残ってしまい、なかなか購入者が現れない場合には在庫コストがかかってしまうため販売店は販売価格を下げて売ってしまおうと考えます。
不人気な車はこの値下げが繰り返されているため、相場よりもずっと安く手に入れられます。
デザインやボディカラーが人気がないというだけで、性能は人気モデルと変わらない車両が多く価格重視の方にもおすすめだと言えるでしょう。

不人気な中古の普通車おすすめTOP10!

不人気な車のなかには、フルモデルチェンジが入り型落ちとなった車や、生産終了となった車も多くあります。

ここからは、不人気な中古の普通車おすすめTOP10について車種を紹介していきます。

<第10位>日産/キックス

<第9位>トヨタ/ヴェルファイア

<第8位>ダイハツ/ロッキー

<第7位>スズキ/クロスビー

<第6位>ホンダ/シビック

<第5位>日産/アリア

<第4位>トヨタ/ハイエースワゴン

<第3位>トヨタ/86

<第2位>トヨタ/カムリ

<第1位>三菱/エクリプスクロス

<第10位>日産/キックス

キックス

画像引用:キックス

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4290/1760/1605
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1920/1420/1250
車両重量 ㎏ 1360~
総排気量 L 1.198
燃料消費率
(WLTCモード)
19.2km/L~
定員 5
車両本体価格 2,998,600円~
中古車相場価格 26~336万円
おすすめポイント
  • コンパクトSUVで扱いやすい
  • 全車ハイブリッドシステム搭載で低燃費

日産が生産・販売するキックスはスポーティなデザインが特徴です。コンパクトサイズのSUVで扱いやすく、「SUVに乗りたいけれど大きな車は運転が不安」という方におすすめします。

全車ハイブリッドシステムが搭載されており、燃費性能の高さやモーター走行ならではの滑らかな走りがキックスの魅力。早朝や深夜の住宅街など、静かに走りたいときに便利なマナーモードの機能もあります。2WD車だとカタログ燃費はWLTCモード23.0km/Lと高い燃費性能もキックスの強みです。

▽車の森での購入はコチラ▽

キックス 在庫確認

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第9位>トヨタ/ヴェルファイア

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4935/1850/1950
室内寸法
(長/幅/高)㎜
3210/1590/1400
車両重量 ㎏ 2150
総排気量 L 2.493
燃料消費率
(WLTCモード)
14.8km/L
定員 7
車両本体価格
中古車相場価格 169~1498万円
おすすめポイント
  • ラグジュアリーな雰囲気
  • 広々とした車内空間

トヨタの高級ミニバン「アルファード」の兄弟車であるヴェルファイア。ラグジュアリーな雰囲気といかついフロントフェイスが特徴です。ヴェルファイアは7人乗りに限定されており、2列目の座席シートはキャプテンシートが採用されています。広々とした車内空間がヴェルファイアの魅力で、ロングドライブも疲れにくいでしょう。

ヴェルファイアは、2023年の6月にフルモデルチェンジが行われたばかり。まだ新型ヴェルファイアを中古で安く購入するのは難しいでしょう。一方で型落ちとなった前モデルはこれまでよりも安く手に入れられる可能性がありますよ。

▽車の森での購入はコチラ▽

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第8位>ダイハツ/ロッキー

ロッキー
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
3995/1695/1620
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1955/1420/1250
車両重量 ㎏ 980~
総排気量 L 996~
燃料消費率
(WLTCモード)
17.4km/L~
定員 5
車両本体価格 1,677,000円~
中古車相場価格 135~282万円
おすすめポイント
  • 見た目以上の大容量ラゲージスペース
  • 扱いやすいサイズ感

トヨタの人気コンパクトSUV・ライズのOEM供給元のロッキーは、扱いやすいサイズ感と大容量のラゲージが特徴です。狭い道の多い住宅街でもラクに運転ができるので、普段の買い物や家族の送迎にも活躍します。また、ラゲージスペースは見た目以上にゆとりがあり、後部座席を倒すと長さのある荷物も積載可能です。

ロッキーならではのコンパーノレッドは、ダイハツが初めて手掛けた小型車「コンパーノ」に由来した夕焼けのようなキレイな色味がポイント。人と被りたくない、定番色を外してボディカラーを選びたい方におすすめです。

▽車の森での購入はコチラ▽

ロッキー 在庫確認

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第7位>スズキ/クロスビー

クロスビー
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
3760/1670/1705
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2175/1355/1280
車両重量 ㎏ 960~
総排気量 L 0.996
燃料消費率
(WLTCモード)
17.0km/L~
定員 5
車両本体価格 1,996,500円~
中古車相場価格 78~326万円
おすすめポイント
  • 個性的なデザイン
  • パワフルに走る6AT

ボディカラーの選択肢が多く、カッコよさも可愛さも兼ね備えたクロスビーは、個性的なデザインがお好みの方におすすめの普通車です。モノトーンのほかにツートーンルーフや3トーンコーディネートなどバリエーションも豊富にあります。

また走行性能も高く、悪路突破力にも優れているので、街乗りだけでなくアウトドアシーンにもピッタリです。路面状況に応じた走りをする4WDシステムや、パワフルな走りを実現する6ATの採用などSUVならではの走りを楽しみたい方に向いているでしょう。

▽車の森での購入はコチラ▽

クロスビー 在庫確認

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第6位>ホンダ/シビック

シビック

画像引用:シビック

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4550/1800/1415
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1915/1545/1145
車両重量 ㎏ 1330~
総排気量 L 1.496~
燃料消費率
(WLTCモード)
16.3km/L
定員 5
車両本体価格 3,240,600円~
中古車相場価格 201~660万円
おすすめポイント
  • スポーティーなデザイン
  • 滑らかでシームレスな加速

低重心のスポーティーなデザインが特徴のシビックは、エクステリア・インテリアともに上質で大人世代にもおすすめのセダンです。車内に12個も搭載されたスピーカーや、ワイヤレス充電器など機能性の高さも魅力。

ホンダのハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載した車両は、モーター走行ならではの静粛性と滑らかでシームレスな加速を実現しています。カッコいい車がお好みの方に向いているでしょう。

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第5位>日産/アリア

アリア

画像引用:アリア

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4595/1850/1655
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2075/1540/1210
車両重量 ㎏ 1920
交流電力量消費率
(WLTCモード)
166Wh/km~
一充電走行距離
(WLTCモード)
460km~
定員 5
車両本体価格 6,590,100円
中古車相場価格 505~853万円
おすすめポイント
  • 最大航続距離640km
  • 日産の先進技術プロパイロット2.0搭載

日産が生産・販売するアリアは、SUVの電気自動車です。EV車ならではの静粛性となめらかな加速のほかに、最大航続距離は640kmとロングドライブでの利用時にも安心して走られることが強み。
「電気自動車が気になるけれど、街中での充電スポットが少ないことが心配」という方におすすめの車です。

またアリアには日産の先進技術プロパイロット2.0が搭載されています。高速道路などの走行時に活躍するハンズフリーの自動運転は、ドライバーの負担を軽減。車両価格は高額ですが、今なら補助金を受けられる機能性の高い普通車です。

車の森へのお問い合わせはコチラ

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第4位>トヨタ/ハイエースワゴン

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4840~/1880/2105~
室内寸法
(長/幅/高)㎜
3525~/1695~/1390~
車両重量 ㎏ 1930~
総排気量 L 2.693~
燃料消費率
(WLTCモード)
8.1km/L~
定員 10
車両本体価格 2,943,600円~
中古車相場価格 70~949万円
おすすめポイント
  • 大人数にピッタリの10人乗り
  • 耐久性に優れている

ハイエースは車内空間の広さが特徴で、最大10人での乗車ができる乗用車です。キャンピングカー仕様などカスタマイズして愛用されている方も多く、車中泊にも向いています。

沢山の荷物を積み込むことも可能で、実用性の高さと耐久性に優れていることがハイエースならではの魅力です。グレードDXであれば、運転席に加え助手席もフルリクライニングが可能。趣味専用の車をお探しの方にも、おすすめです。

▽車の森での購入はコチラ▽

ハイエースワゴン 在庫確認

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第3位>トヨタ/86

86

画像引用:86

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4265/1775/1310
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1625/1480/1060
車両重量 ㎏ 1260~
総排気量 L 2.387
燃料消費率
(WLTCモード)
11.7km/L~
定員 4
車両本体価格 2,196,000円~
中古車相場価格 88~866万円
おすすめポイント
  • スポーツカーらしい低重心のデザイン
  • 走行性能が高い

トヨタが生産・販売するスポーツカー86は、ドライバーの想いのままに走る高い走行性能とスポーツカーらしい水平基調で低重心のデザインが特徴です。

2.4リッターエンジンを搭載しており、気持ちの良い加速が味わえます。またドライビングポジションを低く車両の内側へ寄せることでコーナリングでも車両の安定性にも優れていることがポイントです。

歴史の長い車種である分中古車の価格帯も幅が広く、費用を押さえてスポーツカーを手に入れたい方におすすめします。

車の森へのお問い合わせはコチラ

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第2位>トヨタ/カムリ

カムリ

画像引用:カムリ

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4885~/1840/1445
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2010/1535/1185
車両重量 ㎏ 1550~
総排気量 L 2.487
燃料消費率
(WLTCモード)
24.3km/L~
定員 5
車両本体価格
中古車相場価格 137~479万円
おすすめポイント
  • 大きめのボディサイズで存在感がある
  • トヨタセーフティセンスを全車に標準装備

トヨタのセダン、カムリは大きめのボディサイズで存在感があり、セダンらしい上質な雰囲気が特徴です。都会的な洗礼されたエクステリアに、高級感のあるインテリアデザインは幅広い世代のセダン好きにおすすめ。車内空間は広く確保されているので、前席だけでなく後部座席に座る人も快適です。

トヨタの安全運転支援システム「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備していることもポイントで、より安心して運転が楽しめるでしょう。

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

<第1位>三菱/エクリプスクロス

エクリプスクロス

画像引用:エクリプスクロス

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4545/1805/1685
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1890/1490/1190~
車両重量 ㎏ 1450~
総排気量 L 1.498~
燃料消費率
(WLTCモード)
12.4km/L~
定員 5
車両本体価格 2,773,100円~
中古車相場価格 181~339万円
おすすめポイント
  • ガソリンモデルのほかにPHEVモデルもある
  • スマホで遠隔操作ができる三菱リモートコントロール

三菱が生産・販売するエクリプスクロスはガソリンタイプもプラグインハイブリッドタイプもあるSUV車です。バッテリーの容量が十分なときにはモーター走行で、容量が少なくなったときにもエンジンとモーターを使った走行ができるのでロングドライブも安心して走れます。

また一部グレードで標準装備の三菱リモートコントロールは、車両の遠隔操作やタイマー充電などをお手持ちのスマホで行える便利な機能です。

車の森へのお問い合わせはコチラ

▽新車での購入はコチラ▽

車の森新車館

失敗しない!不人気な中古の普通車の選び方

不人気な車はお得だというのも、デザインなど性能に関係のない部分が不人気の理由である車に限られます。事故歴があったり、走行歴と年式のバランスが悪かったりする「性能面に不人気の理由がある車」は注意が必要です。

失敗しないための、不人気な中古の普通車の選び方を紹介します。

年式や走行距離を確認する

修復歴・事故歴がない車を選ぶ

年式や走行距離を確認する

自動車 メーター

車の年式や走行距離は、中古車選びを行ううえでとても重要なポイントです。中古車の車両価格は主にこの年式や走行距離の影響を大きく受けています。年式が古すぎると、最近では当たり前になった安全機能が搭載されていなかったり、エンジン部品も経年劣化が進んでいたりするでしょう。

また年式と走行距離のバランスもよく確認しておく必要があります。基本的には「1年で1万キロ」と言われており、通勤などで使用せず、週末のお出かけがメインの車は1年で走る量は8,000km程度です。
もし年式が新しいのにも関わらず走行距離が多すぎる車や、年式は経っているのに全然走っていない車などは平均的な車に比べてエンジンに負担がかかっている恐れがあります。

このような車は不人気であっても故障などのリスクも高いため、よく注意しておきましょう。

修復歴・事故歴がない車を選ぶ

事故車

修復歴・事故歴がある車は一見キレイに見えても注意が必要です。修復歴のある車は、車体の骨組み(フレーム)に損傷があり修理を行った経歴を表しており、事故歴のある車は骨組みの損傷に限定せず、過去に事故に合った車を指しています。

修復歴・事故歴がある車は価格がグッと下がるので、年式が新しかったり走行距離が短かったりする車両はとてもお得に感じられますが、車によっては歪みが生じているなど目には見えないトラブルを抱えている可能性もあるでしょう。

「修復歴・事故歴がある車=買ってはいけない車」というわけではありませんが、車選びに自信のない方や初心者の方は、なるべく避けておいた方が無難です。

不人気な中古の普通車を購入するデメリット

不人気な車を敢えて選ぶことは、メリットばかりではありません。万人受けするデザイン性や機能性に優れた車は、自然と人気が高くなるためです。

ここからは、不人気な車を購入する前に知っていて欲しい、デメリットについて紹介します。

好みのデザインや色を選べない可能性がある

売るときには高い値がつきにくい

乗り心地が悪い車も多い

好みのデザインや色を選べない可能性がある

車探し

普通車の場合は定番のブラックやパールが人気が高く、他の色味は人気が偏る傾向があります。またデザイン面でもアエロパーツを装着した車や、フォグランプなど見た目が変わるオプションを搭載した車は人気が高く売れ残る可能性は少ないです。

不人気車に限定して車探しを行うと、こうした一般的に人気の高いデザインやボディカラーは、選択肢のなかから外れてしまうことがデメリットだと言えるでしょう。

しかし、世間的に不人気とされるデザインやボディカラーのなかでも、自分好みの車が見つけられる可能性もゼロではありませんよね。不人気車を探すときには、ほかとあまり被らないことを楽しめるくらいの気持ちで行ってみてください。

売るときには高い値がつきにくい

車 査定

不人気の車は中古車市場での相場が低いため、売却時に高く売れにくいことがデメリットです。もともと乗り潰すくらいの気持ちでいる方にとっては大きな問題ではありませんが、リセールバリューを気にする方にとっては気を付けたいポイント。

車の下取りや買取時には、車種やグレードなども大きな判断材料ですが、年式や走行距離、車の状態なども買取金額に大きく影響します。そのため「この車は不人気だから値はつかないだろう」と諦めてしまう必要はいりません。

しかし人気の高い車種であれば、高く買取ってもらいやすいことも事実。そのことを踏まえて車探しを行いましょう。

乗り心地が悪い車も多い

車 運転

不人気車のなかには、乗り心地が良くない車も多くあることを覚えておきましょう。乗り心地の良し悪しは、実際に座ってみないと分からないものです。

とくに車選びの時点で少し座ってみただけでは分からずに、購入後使用を続けていくうちに「なんだか扱いにくい」と感じる車をあるでしょう。
思っていたよりも欲しい場所に収納スペースがなかったり、シフトレバーの位置が使い慣れなかったりと「乗り心地が悪い」と感じる要素は人それぞれです。

使い続けていくうちに慣れてくるものもありますが、なるべくは中古車選びの時点で今後使用していくイメージを膨らませてじっくりと検討することをおすすめします。

お得に中古の普通車が手に入る登録済未使用車とは?

登録済未使用車とは、新車のキャンセルやディーラーの販売台数のノルマ達成のために販売先が空白のままつくられた車両のことです。車検証は発行された状態で、基本的には販売店名義となっています。

書類上は中古車扱いですが、車両は未だ誰も使用していない未使用の状態です。車両によっては車内に新車の匂いが残っていたり、座席にはビニールが被せられていたりします。

そんな新車に近い中古車「登録済未使用車」。メリット・デメリットについて見ていきましょう。

登録済未使用車のメリット

登録済未使用車のメリットは、「新車よりも安く購入できること」と「納車までにかかる日数が短い」ことです。なるべく早く車が手元に欲しい方にとって、大きなメリットだと言えるでしょう。
ふたつのメリットについて、詳しく解説していきます。

新品同様なのに低価格

登録済未使用車は書類上は中古車扱いですが、未使用であるため車両自体は新品同様にキレイな状態です。中古車は以前のユーザーの使用感が残っているのが気になるという方にもおすすめ。

それでも新車ではないので、車両価格は新車よりも20~30万円程度安く購入できることが登録済未使用車ならではのメリットです。フルモデルチェンジで新しくなったモデルも、中古車市場に入ってくるよりも早く仕入れられるため、新車での購入は考えていないけれど新しいモデルを狙っている方にもピッタリでしょう。

早く納車できる!

登録済未使用車は中古車同様に既に販売店に在庫として車両がある状態なので、契約してから車がつくられる新車と違って書類の手続きなどが完了出来次第納車できることがポイントです。
新車だと数ヵ月かかる納期に対して、中古車の納期は数週間程度。販売店や時期によっても納期は異なるため、「いつまでに納車したい」と期限がある場合には、事前に販売店スタッフに伝えておくようにしましょう。

ナビやドライブレコーダーなど、後付けのオプションを選択した場合は設置作業が入るため、納期が少し伸びることを覚えておきましょう。

登録済未使用車のデメリット

登録済未使用車のデメリットは、「メーカーオプションが付けられない」ことと、「在庫がないと購入できない」ことです。登録済未使用車は中古車市場全体で見ても数が少なく、希望条件が多いと条件を満たす車両に巡り合うことが困難になってしまいます。

ふたつのデメリットについて、詳しく解説していきます。

メーカーオプションは不可

登録済未使用車は既に在庫として車が出来上がっているため、製造過程のなかで付けられるメーカーオプションには対応していないことがデメリットのひとつです。
メーカーオプションに含まれるものはスライドドアの電動化や、先進安全機能などが挙げられます。

もし、希望するメーカーオプションがある場合には、予めそのメーカーオプションを搭載した状態の在庫を探し出すしか選択肢はありません。人気のメーカーオプションを搭載した登録済未使用車はより人気も高く、競争率も高くなることを覚えておきましょう。

在庫が無いと購入できない

登録済未使用車は中古車と同じように在庫販売であるため、在庫が無いと購入できないことがデメリットです。
どの販売店でも同じモデルが何十台と在庫として揃っているわけではないため、先日来たときにはあった車が数日後に来たときには購入者が決まって無くなっているということも珍しくありません。

人気の車種・グレードなどは仕入れるとホームページに掲載する前に売れていくことも少なくないので、希望する車の条件が固まってきたら販売店に問い合わせてみるのもおすすめです。

不人気な中古の普通車をお探しの方は車の森へご相談ください!

不人気の車種ならではの魅力や、おすすめの不人気車について紹介してきましたが、実際に中古車販売店で不人気車に手を出すときには慎重に選びましょう。
不人気の理由が型落ちやデザイン・カラーの場合はお買い得車ですが、事故車や年式と走行距離のバランスがおかしいなど性能面に欠点があって不人気となっている車両は注意が必要です。

良心的な販売店であれば、価格が特別安くなっている車両の理由を聞くと教えてくれるでしょう。車探しを楽しみながら、自分に合う車を見つけましょう。

今回この記事を紹介してきたのは、南大阪を拠点にした登録済未使用車の専門店「車の森」です。国内オールメーカー全ての車を取り扱い、在庫数も豊富にご用意致しております。

ご希望の車種が決まっていない方には、知識豊富な販売スタッフが丁寧にお車探しのサポートをさせていただきますので、ぜひお近くにお越しの際は気軽にお立ち寄りください。

皆さまからのお問い合わせ・ご予約を、心よりお待ちしております。

 

車の森

総在庫300台
タイプ別!

店舗へのお問合せはこちら!

新車を低金利で
お探しの方はこちらから!

出典

カーセンサー

グーネット

日産
キックス/アリア

トヨタ
ヴェルファイア/ハイエース/86/カムリ

ダイハツ
ロッキー

スズキ
クロスビー

ホンダ
シビック

三菱
エクリプスクロス

 

この記事を書いた人
営業
森田龍太朗
Ryutaro Morita
ヨシダオートサービスに入社して7年目。整備士を経て現在は営業や仕入れの業務をしています。 ブログ記事を通して自動車販売店独自の目線でお客様にお得でタメになる情報をお届けしていきます。 資格としては自動車整備学校にて二級自動車整備士を取得しております。

人気の記事