おすすめ車種 2024年5月20日

【2024年】安くてかっこいい中古の普通車ランキング!おすすめの車種や選び方のコツを解説

安くてかっこいい中古車は数がたくさんあり、自分に合った車種を決めることはむずかしいですよね。普通車でも中古車であれば、予算に応じたかっこいい車を見つけることができるでしょう。

しかし、価格ばかり見ているとリスクを抱えた車に手を出してしまう恐れもあり、慎重に選ばなくてはいけません。

この記事では、安くてかっこいい中古のおすすめ車種や中古車の選び方について紹介しています。気を付けておきたい中古車の特徴についても解説しているので、かっこいい中古車のご購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

「安い」「かっこいい」中古の普通車の条件とは?

安くてかっこいい、自分に合った中古車を見つけるには、希望条件を具体化することが重要です。

  • 価格
  • 使用用途
  • ボディタイプ
  • デザイン性
  • 機能性
  • ブランド

デザインばかり優先して機能性や価格を無視してしまうと、使い勝手が悪く支払いに追われて楽しめるはずのお出かけの頻度も減ってしまうでしょう。
使用用途に合ったボディタイプを選び、その中でもブランドやデザイン性にこだわっていくことが、長く使い続けられる車を手に入れるポイントです。

条件を具体化できたら、優先する順位まで決めておくと満足できる中古車を見つけやすくなります。

安いけどかっこいい中古の普通車の選び方

中古車市場には、安くてもかっこいい普通車がたくさんあります。かっこよさを重視しつつ、少しでも安く中古車を手に入れるには、年式お新しい車や生産終了直後の車が狙い目です。

ここからは、安いけどかっこいい中古の普通車の選び方について紹介します。

比較的新しい年式の車を選ぶ

新車販売が終了した車種を選ぶ

不人気車も狙い目

比較的新しい年式の車を選ぶ

「車の状態にこだわりたい」「長く乗り続けられる中古車が欲しい」とお考えの方には、比較的新しい年式の車を選ぶことがおすすめです。年式が新しいと、基本的には走行距離も浅く使用感もあまりないものが多くなります。

しかし年式の新しい車はその分車両価格も高く設定されがちです。車両価格と車の状態のバランスを確認しながら、ご自身が納得できるポイントを見つけることが、中古車選びのうえでも重要になってくるでしょう。

新車販売が終了した車種を選ぶ

新車販売が終了した車種は、最近の年式であっても安い価格の車が見つけられる可能性があります。フルモデルチェンジなどによって型落ちとなってしまった車は中古車相場が下がる傾向にあり、お求めやすい価格での購入が可能です。

特にディーラーなどで置かれていた試乗車や展示車もお役御免となるため、走行距離なども浅い状態の車両が中古車市場に流れ込んできます。

最新型にこだわらず、お目当てのモデルチェンジの情報が入った際には中古車市場をよくチェックしておきましょう。

不人気車も狙い目

中古車販売店で人気のない在庫は、少しでも早く売ってしまおうと。月日が経つにつれてどんどんと車両価格が下げられていきます。
まず、不人気である理由が、事故車であったり水没車だったりと機能性に影響のあることだとおすすめはできません。
しかし人気のないボディカラーだったり、デザインの個性が強すぎたりすることが理由である場合には、高性能な車がお得な価格で手に入るチャンスだと言えるでしょう。

もちろん自分自身も気に入らないような車は長く乗り続けられない可能性も高く、カーライフも楽しめないため避けておくべきですが、「世間的には不人気だけれど、個人的には好み」といった車は選ぶべき車かもしれませんね。

安くてかっこいい中古の普通車おすすめTOP10

かっこいい基準は人それぞれで、きらびやかなエクステリアがかっこいいと感じる人もいれば、無骨なデザインがかっこいいと感じる人もいるでしょう。
予算内で選択肢が多いのは、中古車ならではの魅力。色々な車を見て、自分好みのかっこいい車を見つけてください。

ここからは、車の森が厳選した安くてかっこいい中古のおすすめ普通車をランキング形式で紹介します。

<10位>トヨタ/アクア

<9位>トヨタ/ルーミー

<8位>トヨタ/ライズ

<7位>トヨタ/エスクァイア

<6位>トヨタ/カローラ

<5位>トヨタ/ノア

<4位>ホンダ/オデッセイ

<3位>トヨタ/ランドクルーザープラド

<2位>トヨタ/プリウス

<1位>トヨタ/アルファード

<第10位>トヨタ/アクア

アクア
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4050~/1695~/1455
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2015/1395/1175
車両重量 ㎏ 1060~
総排気量 L 1.496
燃料消費率
(JC08モード)
34.4km/L~
定員 5
車両本体価格
中古車相場価格 28~269万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • 低燃費なコンパクトハイブリッドカー
  • スタイリッシュなデザイン

2011年12月に販売が開始されたアクアは、2021年7月に10年ぶりとなるフルモデルチェンジが入り、現行販売されているモデルは2代目です。初代アクアは型落ちとなり、中古車市場でも安く購入できる車両が多く並びます。

スタイリッシュなデザインが特徴で、シンプルで使いやすい車をお探しの方におすすめです。インテリアは水平基調で、見た目以上に広々と感じられます。

コンパクトハイブリッドカーとして誕生したアクアは、低燃費であることも強み。普段使いに適した燃費性能の高さと小回りの利く扱いやすさが人気の要因でしょう。

▽車の森の在庫はコチラ▽

アクア 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第9位>トヨタ/ルーミー

ルーミー
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
3700~/1670/1735
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2180/1480/1355
車両重量 ㎏ 1080~
総排気量 L 0.996
燃料消費率
(WLTCモード)
16.8km/L~
定員 5
車両本体価格 1,566,500~
中古車相場価格 60~259万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • 扱いやすいコンパクトサイズ
  • コスパが高く価格重視の方にもピッタリ

コンパクトサイズで狭い道でも運転がしやすく、運転に不慣れな方にもおすすめな車のひとつです。大きさだけでなく、総排気量は0.996Lと維持費にも貢献しています。エンジンが小さくて走りが物足りないという方には、ターボエンジン搭載グレードが適しているでしょう。

ルーミーにはスタンダードモデルのカジュアルなデザインと、カスタムモデルのかっこいいデザインの2種類があり、どちらもそれぞれの魅力があります。カスタムモデルはフロント部分に大判のメッキグリルを用いていることで、迫力のある顔に造られていることが特徴。

軽自動車では狭くなってきたけれど、大きな車は持て余してしまうという方にちょうどいい普通車です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

ルーミー 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第8位>トヨタ/ライズ

ライズ
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
3995/1695/1620
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1955/1420/1250
車両重量 ㎏ 970~
総排気量 L 0.996~
燃料消費率
(WLTCモード)
17.4km/L~
定員 5
車両本体価格 1,717,000~
中古車相場価格 137~305万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • コンパクトSUVトップクラスの荷室容量
  • 手を伸ばしやすい価格設定

トヨタのコンパクトSUV・ライズは、新車価格でも200万円以内で購入できるグレードがある、手を伸ばしやすい価格設定が大きな魅力です。SUVのデザインが好みだけれど、運転技術に自信がないことや、大きな車は持て余してしまうことを理由に諦めていた方からの支持を集めています。

5ナンバーに収まるサイズ感で、細い道の多い住宅街などでも運転がしやすく、普段使いにもおすすめです。車体サイズはコンパクトでありながらも、コンパクトSUVトップクラスの最大369Lの荷室容量を誇ります。

最低地上高は185mmと、ある程度のオフロードには対応できるのでアウトドアシーンでも安心して走ることができるでしょう。キャンプなど荷物の多い趣味のある方にもおすすめです。

▽車の森の在庫はコチラ▽

ライズ 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第7位>トヨタ/エスクァイア

エスクァイア

画像引用:エスクァイア

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4695/695/1825
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2930/1540/1400
車両重量 ㎏ 1560~
総排気量 L 1.797~
燃料消費率
(JC08モード)
16.0km/L
定員 7~
車両本体価格
中古車相場価格 63万~416万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • ラグジュアリーな雰囲気
  • シートアレンジが利き実用性も高い

2014年に販売が開始されたエスクァイアは、現在では生産が終了しています。販売終了となったのは2021年とまだ3年ほどしか経っていないため、中古車市場でもまだ状態の良い車両を見つけやすいでしょう。

ノア・ヴォクシーをベースにつくられたエスクァイアは、ラグジュアリーな雰囲気が特徴です。縦に伸びるメッキグリルやドアハンドルなど各所に採用されたメッキパーツが高級感を演出します。
5ナンバーのミニバンとなると、ファミリーカーとしてのイメージが強くありましたが、エスクァイアは高級感を売りにした新しいタイプのミニバンでした。

アルファードやヴェルファイアは大き過ぎるけれど、ラグジュアリーな雰囲気の車が欲しい方にピッタリの車です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

車の森 在庫確認

<第6位>トヨタ/カローラ

カローラ

画像引用:カローラ

基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4495/1745/1435
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1830/1510/1160
車両重量 ㎏ 1230~
総排気量 L 1.797
燃料消費率
(WLTCモード)
18.1km/L~
定員 5
車両本体価格 2,028,600円~
中古車相場価格 140~324万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • スポーティーなデザイン
  • 優れた燃費性能

カローラは1966年に初代の販売が開始されたロングセラーの車です。現在ではシリーズ展開を行い、さまざまなタイプのカローラがあります。

現行モデルのカローラは5代目で、洗練された都会的なデザインと上質なインテリアが魅力です。ハイブリッドモデルは2WD車でWLTCモード30.2km/Lの優れた燃費性能を誇り、ハイブリッド車ならではの静粛性と滑らかな加速が強み。

現行モデルの中古車相場はあまり価格が下がっていないように感じますが、型落ちモデルだとさらにお求めやすい価格で手に入れられます。安全性能など機能面では新しいモデルが長けていますが、デザイン面では好みによって分かれるでしょう。スポーティーなデザインの車が好みの方に、おすすめの車です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

カローラ 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第5位>トヨタ/ノア

ノア
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4695/1730/1895
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1805/1470/1405
車両重量 ㎏ 1600~
総排気量 L 1.797~
燃料消費率
(WLTCモード)
15.0km/L~
定員 7~
車両本体価格 2,670,000円~
中古車相場価格 238~625万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • 迫力のあるデザイン
  • 広々とした車内空間

2021年12月にフルモデルチェンジが行われ、4代目となったトヨタのミニバン・ノア。フルモデルチェンジが行われてからまだ年月が経っていないため、中古車での購入でも238万円からとそこまで相場価格は落ちていません。
ひとつ前のモデルであれば、中古車相場は69~368万円と、状態によっては手を伸ばしやすい価格で手に入れることができるでしょう。

駐車時には、スイッチを押すだけで駐車操作をアシストする「アドバンストパーク」の機能もあり、狭い道など駐車しにくいと感じるシーンでもドライバーをサポートしてくれます。

ファミリーカーとしての王道モデルで、広々とした車内空間にゆとりのある荷室スペースが特徴です。現行モデルのノアには、安全機能の最新技術が搭載されており、ミニバンなど大きな車の運転が苦手な方でも気軽に運転できるでしょう。

▽車の森の在庫はコチラ▽

ノア 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第4位>ホンダ/オデッセイ

オデッセイ
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4855/1820/1695~
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2920/1560/1300~
車両重量 ㎏ 1770~
総排気量 L 1.993~
燃料消費率
(WLTCモード)
11.6km/L~
定員 7~
車両本体価格
中古車相場価格 48~524万円

出典:ホンダ価格.com

おすすめポイント
  • 迫力のあるフロントグリル
  • 3列目シートは床下収納で荷室を広くできる

2023年12月に復活を遂げたホンダのオデッセイ。Lクラスのミニバンで、ゆとりのある車内空間が特徴です。新型モデルは発売が開始されたばかりで、中古車市場での流通量は多くありません。

なるべく安くオデッセイを手に入れたいとお考えの方には、前モデルのオデッセイがおすすめです。ホンダの超低床プラットフォームの採用により、乗車スペースを広く確保しています。リラックスして過ごせる車内はワンランク上の車をお探しの方にもピッタリです。

3列目シートは床下収納式で、座席を使わないときには荷室を広くとれるので積載能力重視の方にも向いています。また2列目シートはタイプ別設定でプレミアムクレードルシートが搭載されていることもオデッセイの魅力です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

車の森 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第3位>トヨタ/ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4825/1885/1850
室内寸法
(長/幅/高)㎜
1825~/1565/1240
車両重量 ㎏ 2050~
総排気量 L 2.693~
燃料消費率
(WLTCモード)
8.3km/L~
定員 5~
車両本体価格
中古車相場価格 185~763万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • ランクルよりもコンパクトで扱いやすい
  • 視点が高く運転しやすい

本格SUVランドクルーザーよりもコンパクトサイズのランドクルーザープラド。現在では生産終了となってしまいましたが、「ランドクルーザーに乗りたいけれど、大き過ぎで持て余してしまう」といった方にピッタリのSUVです。

グレードによってインテリアが異なり、ラグジュアリーな雰囲気がお好みの方には最上級グレードがおすすめ。また室内イルミネーションの「イルミネ―テッドエントリーシステム」は、ランドクルーザープラドならではのポイントです。

ランドクルーザーよりもコンパクトである分扱いやすく、コックピットは視点が高く設計されているので運転もしやすいことがランドクルーザープラドの強み。中古車だとまだ購入が可能で状態の良い車両も多く流通しているので、高いグレードにも手を伸ばせるでしょう。

▽車の森の在庫はコチラ▽

ランドクルーザープラド 在庫確認

<第2位>トヨタ/プリウス

プリウス
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4540/1760/1470
室内寸法
(長/幅/高)㎜
2110/1490/1195
車両重量 ㎏ 1310~
総排気量 L 1.797
燃料消費率
(JC08モード)
37.2km/L~
定員 5
車両本体価格
中古車相場価格 80~439万円

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • 燃費性能に優れている
  • 低重心でスポーティーなデザイン

1997年に世界で初めての量産型ハイブリッド車として生まれたプリウスは、現行モデルで5代目となります。今回紹介しているのは、ひとつ前の4代目モデルです。

低重心でスポーティーなデザインが特徴のプリウスは、シャープな見た目に惹かれて購入されるユーザーも大勢いるでしょう。燃費性能は、JC08モードでの数値であるため、イメージしにくいかもしれませんね。
しかし、もうひとう前のプリウスは一番低燃費のグレードでJC08モード32.6km/Lだったことを考えると、4代目プリウスも燃費性能は申し分ないことが分かるでしょう。

メーターがカラフルで見やすいことや、時速110km/Lまで電動モーターでの走行が可能であることなど、長距離での運転頻度が多い方にもおすすめの車種です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

プリウス 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

<第1位>トヨタ/アルファード

アルファード
基本スペック
寸法
(長/幅/高)㎜
4935~/1850/1935~
室内寸法
(長/幅/高)㎜
3210/1590/1400
車両重量 ㎏ 1940~
総排気量 L 2.493~
燃料消費率
(WLTCモード)
9.9km/L~
定員 7~
車両本体価格
中古車相場価格 176万円~

出典:トヨタ価格.com

おすすめポイント
  • ラグジュアリーな雰囲気をもつ高級ミニバン
  • 2列目は旅客機のビジネスクラスのような座席

トヨタの高級ミニバンで知られるアルファードは、2023年6月にフルモデルチェンジが行われました。これまで現行型モデルとしてアルファード人気をけん引してきた3代目モデルも型落ちとなり、中古車で購入しても高かったアルファードが少し価格を下げて販売されている可能性もあります。

Lクラスに該当するアルファードは、室内空間はとても広く確保されており、上級グレードにはレザーシートを使用されていることが特徴です。またインテリアの各所には木目調のパネルやメッキ塗装など、高級感のあるデザインになっています。

特に2列目シートにはオットマンが備え付けられていたり、シートの調節は電動式だったりと、実用性の高さも魅力的です。

▽車の森の在庫はコチラ▽

アルファード 在庫確認

▽新車を購入する場合はコチラ▽

安すぎる中古の普通車はかっこいい車でも注意が必要!

価格重視であっても、車がリスクを抱えているせいで車両価格が落ちている車両には手を出さない方がよいでしょう。
避けておくべき車は、以下のような車両に負担がかかっているものです。

  • 修復歴のある車
  • 冠水車
  • 塩害車
  • 雪害車
  • 過走行車(10万キロオーバー)

このような車は相場よりもずっと安く販売されており、一見とてもお得な車にも見えますが、購入後に故障や修理が必要になるケースも多いため注意が必要。
安く車を購入したくて選んだはずが、修理費などがかさんでしまい損をしてしまう恐れもあります。

安くてかっこいい普通車がお得に手に入る登録済未使用車とは?

登録済未使用車とは、新車の途中キャンセルやディーラーの販売台数ノルマ達成のために、販売店名義で注文されたことでうまれる中古車のことです。
つくられたときからユーザーがおらず、未使用車として中古車販売店で売られています。

登録が済まされているため中古車としての扱いですが、まだ誰にも使用されていないことが特徴。ここからは、登録済未使用車のメリット・デメリットについて紹介します。

登録済未使用車のメリット

登録済未使用車のメリットは、新車よりも安く購入できることや納車ができるまでの期間の短さがあげられるでしょう。

一般的な中古車のように、新車価格からずっと安く購入できるというわけではありませんが、状態の良さにもこだわりたいという方におすすめの車です。

新品同様なのに低価格

登録済未使用車はワンオーナーめが販売店になっていることが大半で、車両は車内には新車の匂いが残っていたり座席シートにはビニールが被せられてたりします。未使用の車であるため、前にユーザーによる使用感が気になるという心配も要りません。

新品同様なほどキレイな状態ではありますが、登録が済まされ車検証が発行されている時点で中古車扱いになります。
そのため新車で購入するよりも20~30万円程度安く購入でき、「安く手に入れたいけれど、車の状態も重視したい」という方にもおすすめです。

早く納車できる!

新車は契約を済ませ、注文を行ってから生産がされる受注生産であるため、納車まで数ヵ月の待ち時間があります。しかし登録済未使用車は中古車と同じように、既に在庫として販売店に置かれている状態。契約を行い書類の手続きや車の納車準備が済めば納車が可能です。

納期を全く気にしていない方にとっては、どうってことないポイントかもしれませんが、急なライフスタイルの変化や今まで乗っていた車のトラブルによる車の買い替えなどは車の納期は重要事項。
販売店や購入時期によっても納期は異なりますが、なかには1週間程度で納車ができる場合もあります。

登録済未使用車のデメリット

登録済未使用車のデメリットは、メーカーオプションに対応していないことや在庫が無いと購入ができないことがあげられます。

メーカーオプションやボディカラー、グレードなどさまざまな条件があるなかで、「どれも妥協できない」「条件が多過ぎる」方にとっては、中古車市場のなかでも数の少ない登録済未使用車を見つけることはむずかしいでしょう。

メーカーオプションは不可

メーカーオプションとは新車の注文時に追加できるオプションのことで、車が出来上がってからの後付けはできないっことが特徴です。スライドドアの電動化や先進安全機能の搭載などがメーカーオプションに当てはまります。

登録済未使用車は車が既に出来上がっているため、どれだけ新車に近い状態であってもメーカーオプションを搭載させることはできません。
もし、メーカーオプションの中で欲しかった機能がある場合には、予めそのオプションを搭載させた在庫を見つける必要があります。

メーカーオプションを搭載した登録済未使用車は人気度が高く、入荷しても直ぐに売れてしまうことも珍しくないため、メーカーオプション搭載車を希望する場合にはこまめにチェックしておきましょう。

在庫が無いと購入できない

登録済未使用車は中古車同様に在庫販売であるため、在庫がないときに購入することはできません。未使用車であるため、一般的な中古車ほど車両による状態の違いはありませんが、そもそも中古車市場での数が少ないため希望する条件に合う在庫が常に販売店にあるとは限りませんよね。

特に人気の高い車種は、入荷直後に売れて行くことも多く、実際に車の森でもホームページに掲載する前に売れる車両もたくさんあります。新車の場合は販売期間中であればいつでも購入することができますが、登録済未使用車はタイミング次第になってしまうことがデメリットです。

安くてかっこいい普通車をお探しの方は車の森へご相談ください!

中古車だと安くてかっこいい普通車がたくさんあり、条件を具体化しておくと自分に合った車を見つけやすくなります。気になった車は必ず現物を確認し、外観だけでなく内装もくまなくチェックしておくことが車選びの重要なポイントです。

新車購入よりも選択肢が広がることが中古車の魅力。お気に入りの車を見つけて、素敵なカーライフを過ごしましょう。

この記事を紹介してきたのは、登録済未使用車専門店「車の森」です。
車の森は国内オールメーカー全ての車を取り扱い、総在庫300台と豊富な品揃えが特徴。メーカーの異なる車種を一店舗で見比べられることや、販売スタッフも中立的な立場でお車の説明をさせていただけることが強みです。

店舗は車屋のイメージとは異なるカフェのような雰囲気で、リラックスしてお過ごしいただける空間作りを行っています。キッズスペースも完備しているので、ぜひ家族でお出かけの際に気軽にお立ち寄りください。

もちろん予約は不要ですが、希望車種が既にお決まりの方は、事前にお問い合わせいただけるとご案内がスムーズに行えます。

皆さまからのお問い合わせ・ご来店を心よりお待ちしております。

 

車の森

総在庫300台
タイプ別!

店舗へのお問合せはこちら!

新車を低金利で
お探しの方はこちらから!

出典

トヨタ

アクア/ルーミー/ライズ/エスクァイア/カローラ/ノア/ランドクルーザープラド/プリウス/アルファード

ホンダ

オデッセイ

この記事を書いた人
営業
森田龍太朗
Ryutaro Morita
ヨシダオートサービスに入社して7年目。整備士を経て現在は営業や仕入れの業務をしています。 ブログ記事を通して自動車販売店独自の目線でお客様にお得でタメになる情報をお届けしていきます。 資格としては自動車整備学校にて二級自動車整備士を取得しております。

人気の記事