Topics Detail
特集記事詳細
特集記事

グレード別にアクアを徹底解説!【人気のおすすめグレードやポイントをご紹介】

2022.04.12

グレード別にアクアを徹底解説!【人気のおすすめグレードやポイントをご紹介】

トヨタのハイブリッドカーと言えばプリウスを一番に思い浮かべるかたが多いとは思いますが、アクアもトヨタを代表するハイブリッドカーと言っても良いほど人気のあるクルマです♪

そんなアクアについて詳しく解説させていただきます!

◆◇目次◇◆

 ◆アクアについて

 ◆アクアの魅力

 ◆グレード別に解説

  ・外装

  ・内装

  ・スペック

  ・魅力

 ◆新車価格

 ◆中古車相場

 ◆アクアを安く購入する方法

 ◆アクアの登録済未使用車をご紹介

 ◆まとめ

 

アクアについて

トヨタ アクア

画像引用▶トヨタ:AQUA

アクアは、ハイブリッドシステムを搭載する5ナンバーサイズのコンパクトなハッチバックカーとして、2011年12月に登場しました。

アクアの車名の由来はラテン語で水を表す「AQUA」の意味であり、ハイブリッドにも通じる「透明感のあるクリーン」なイメージと、「誰もが必要/大切にする」イメージを水から連想させるものです。

今までのハイブリッドカーのイメージにとらわれることなく、水(AQUA)の様に自由な広がりを持ち、より沢山のユーザーに楽しんでもらえることを願って命名されました。

 

アクアはプリウスの技術が投入されたコンパクトカーとしてデビューし、価格もプリウスより安く、手の届きやすいエコカーとして発売当初から大変好調な売り上げを誇っているクルマです。

ハイブリッドシステムはプリウスで定評のあった、電動モーターとガソリンエンジンで駆動しながらモーター走行時にも発電できる「THS-Ⅱ(TOYOTA hybrid system Ⅱ)」が更に軽量・コンパクトに改良されたものを搭載。常に効率の良い走りをしてくれて、減速時のエネルギーや余剰エネルギーでバッテリーに給電できるのでムダがありません。

その結果デビュー当時の燃費は35.4㎞/L(JC08モード)と、世界トップの低燃費を実現しました。

 

ボディサイズは全長4,050㎜×全幅1,695㎜×全高1,485~1,505㎜。

全高が低く抑えられており、空気抵抗を減らすため、フロントボンネットとフロントウインドウの角度が緩やかに傾斜した設計の「トライアングルシルエット」を採用しています。

この空気抵抗が少ないデザインは加速性能や安定感、トップスピードが向上し、さらに燃費も良くなるという結果までもたらしてくれるのです。

 

そして去年(2021年)の7月に待望のフルモデルチェンジを行い、新型アクアが登場しました。

新型アクアは、エクステリアデザインは初代とさほど変わっていませんが、シンプル&上質感をコンセプトに室内空間がより上級車種に近づきました。

ホイールベースが5センチ延長されたことによって後席の居住性も向上し、更に人気に拍車がかかることでしょう★

アクアの魅力

トヨタ アクア

画像引用▶トヨタ:AQUA

アクアは入れ替わりの早いコンパクトカーの中で、登場してから今年で10年目になる息の長いクルマです。

コンパクトカーの人気ランキングなどで常に上位をキープし続けているアクア。

そんなアクアの魅力とはどういうところなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

価格の安さ

どうしても価格が高くなってしまうハイブリッドカーですが、アクアはエントリーモデルのBグレード(2WD)で200万円を切る価格となっています。

ハイブリッドカーは欲しいけれど価格を抑えたい…という方にはアクアはぴったりの車です。

燃費の良さ

コンパクトな軽いボディで”ハイブリッド車”ですので、かなりの低燃費です!

アクアの燃費は30.0㎞/L~35.8㎞/L(WLTCモード)と、ハイブリッド世界トップレベルの燃費なのです。

燃費が良いということは何度もガソリンスタンドに行く必要がないので、お財布にも優しく嬉しいですよね(^^)

コンパクトなボディサイズ

5ナンバーサイズであるコンパクトなボディサイズは車両感覚が掴みやすく、最小回転半径が4.9mですので小回りが利き、運転初心者の方や運転が苦手な人にも運転しやすいクルマです。

加速の良さ

新型アクアは「バイポーラ型ニッケル水素電池」を採用したことによりバッテリーの出力が向上し、スムーズな加速を生み出しました。

アクセルを踏んだ瞬間からトルクが立ち上がり、力強い加速をしてくれるさまは、まるでスポーツカーのようです♪

乗り心地の良さ

軽量でありながら高剛性のボディを持ち、低重心であることから走行安定性が抜群に良く、カーブを曲がる時なども揺れがほとんどなく快適にドライブを楽しめます。

またモーターのみで走行できる速度域が拡大されたことで、静粛性が更に高くなりました!

車の森 在庫確認

グレード別に解説

アクアには、Z、G、X、Bの4つのグレードがあります。

グレードによってどのような違いがあるのか見ていきましょう!

外装

各グレードの外観は、ぱっと見あまり違いはありません。

ですがよく見てみると少しずつ違うところがあります。

Bグレード

Bグレード

 ・グリルモールがブラック

 ・14インチスチールホイール

 ・アウトサイドドアハンドルがブラック

  ・2灯式LEDヘッドランプ。

 ・リヤコンビネーションランプ(LEDテール)

Xグレード

Xグレード

 ・グリルモールがブラック

 ・15インチスチールホイール

 ・アウトサイドドアハンドルがカラード。

 ・2灯式LEDヘッドランプ。

 ・リヤコンビネーションランプ(LEDテール)

Gグレード

Gグレード

 ・グリルモールがゴールド塗装

 ・15インチスチールホイール。

 ・アウトサイドドアハンドルがカラード。

 ・2灯式LEDヘッドランプ。

 ・リヤコンビネーションランプ(LEDテール)

Zグレード

Zグレード

 ・グリルモールがゴールド塗装

 ・15インチアルミホイール

 ・アウトサイドドアハンドルがカラード。

 ・Bi-Berm LEDヘッドランプ

 ・リヤコンビネーションランプ(LEDライン発光テールランプ)。

 

 

まず見るところはグリルモール。ここがゴールドならZかG。ブラックならばXかBです。

グリルモール

 

 

ZとGは見分けがつきにくく、リアコンビネーションランプがLEDライン発光かそうでないかぐらいです。

向かって左がZ、右がB、X、Gのリアコンビネーションンランプです。

リアコンビネーションランプ

 

 

XとBの違いは、ドアハンドルがカラードがX、ブラックなのがBなので、すぐに見分けがつきますね。

ドアハンドル

内装

では次にグレード別の内装を見ていきましょう。

Bグレード

Bグレード 内装 Bグレード 内装

・アクアB(2WD) 内装色:ブラック ボディカラー:シルバーメタリック

 

エントリーモデルである「B」の内装はシンプルにまとめられており、内装色はブラックです。

シートがヘッドレスト一体型で、表皮はファブリックになります。

ステアリングホイールはウレタン3本スポークで、インパネ中央に7インチディスプレイが配置されています。

シフトまわりはピアノブラック加飾がされていますが、インパネやフロントドアトリム、助手席アッパーボックスはマット塗装になっています。

Xグレード

Xグレード インパネまわり Xグレード 内装

・アクアX(2WD) 内装色:ブラック ボディカラー:エモーショナルレッドⅡ

 

「X」は「B」をベースとして細かいところがグレードアップされています。

インパネにピアノブラック加飾とシルバー塗装がされ、助手席アッパーボックスにもピアノブラック加飾が施されています。

シートは「B」と同じくヘッドレスト一体型ですが、メーカーオプションでヘッドレストセパレート型に変更が可能で、表皮もファブリックから上級ファブリックに変更できます。

Gグレード

Gグレード インパネまわり

・アクアG(2WD) 内装色:ブラック ボディカラー:アーバンカーキ

Gグレード 内装

・シート表皮:上級ファブリック

 

「B」、「X」に比べてより上質な質感になった「G」の内装。

シフトまわりがサテンメッキ加飾になり、コンソールボックス付きのフロントセンターアームレストがつきました。

ステアリングホイールは本革巻き3本スポークになり高級感が増しました。

 

メーカーオプションの「コンフォートパッケージ」を選ぶと、運転席・助手席シートヒーターとステアリングヒーター、運転席に6ウェイパワーシートが付き、より快適に過ごせます。

Zグレード

Zグレード インパネまわり

・アクアZ(2WD) 内装色:COZY[ブラック×ダークネイビー](オプション)

Zグレード 内装

・ボディカラー:クリアベージュメタリック シート表皮:合成皮革+ストライプ柄ファブリック(オプション)

 

最上級グレードの「Z」は、「G」よりも更に高級感漂う雰囲気になります。

ディスプレイが10.5インチとひと際大きくなり、インパネまわりは上質感溢れるピアノブラックに加飾されました。

助手席アッパーボックスにはスモーキーブロンズ加飾のアクセントもつきます。

 

そして「Z」および「G」で、メーカーオプションですが「合成皮革パッケージ」を選択すると、合成皮革のシートにストライプ柄のファブリックが加わるお洒落なシートになります。

画像引用▶トヨタ・アクア

スペック

各グレードごとのスペックをご紹介します。

 

  Z  G X B
全長/全幅/全高(㎜) 4,050/1,695/1,485[1,505]
室内 長/幅/高(㎜) 1,830/1,425/1,190
ホイールベース(㎜) 2,600
トレッド
(㎜)
フロント 1,480[1,480] 1,480 1,490[1,480]
リア 1,475[1,485] 1,475[1,485] 1,485
車両重量(㎏) 1,130
[1,230]
1,130
[1,220]
1,120
[1,220]
1,080
[1,190]
最小回転半径(m) 5.2[5.2] 5.2 4.9[5.2]
燃料消費率
(WLTCモード)
33.6[30.0] 34.6[30.0] 35.8[30.1]

*[]は4WD

魅力

アクアには各グレードごとに異なる魅力があります。

それぞれのグレードにはどんな魅力があるのか見ていきましょう。

Bグレード

エントリーモデルである「B」グレードの最大の魅力は低価格であるということです♪

ハイブリッドカーが200万円を切る価格で手に入るというのはユーザーにとってはとても魅力的ですよね。

その安さからビジネスユース向きのモデルとも言われています。

ボディカラーは、ホワイト・シルバー・ブラックの3色から選択できます。

 

そして燃費性能はアクアのグレードの中でも最も良い、WLTCモード35.8㎞/L(2WD)となっています!

Xグレード

「B」グレードがビジネスユース向きのモデルであるなら、「X」、「G」、「Z」は一般向けのモデルになりますが、その中でも「X」は最も購入価格を抑えられることのできるモデルです。

この「X」からボディカラーが8色から選択できるようになります。

アクアと言えばボディカラーがもともと豊富な車種ですが、新型アクアになってからはゴールドやアーバンカーキ、クリアベージュなどニュアンスカラーも加わり、全体的に優しい落ち着いたカラーバリエーションになりました♡

 

燃費性能は「Z」、「G」よりも良い、WLTCモード34.6㎞/L(2WD)となっており、価格が安いことに加え燃費も良いので、購入価格を抑えて運転しやすい低燃費のクルマを探している方にはおすすめのグレードです☆

Gグレード

「G」グレードは「Z」グレード同様、インテリアなどの質感が全体的に良く高級感を感じさせます。

シートも上級ファブリックとメーカーオプションの「合成皮革+ストライプ柄ファブリック」が選択できますので、「B」や「X」には無い上質感を味わえます☆

燃費性能は、WLTCモード33.6㎞/L(2WD)と「X」よりやや下がりますが、それでも十分に低燃費です。

 

「G」グレードには、パーキングサポートブレーキやバッグガイドモニターが標準装備されているため(「Z」グレードも同様)、事故を予防し安全に運転することができます。

高級感があって安全装備にもこだわった燃費の良い車が欲しい!という方にはアクアの「G」グレードがおすすめです。

 

Zグレード

「Z」グレードはアクアの4つのグレードの中で最上級のモデルで、Bi-Berm LEDヘッドランプやアルミホイールが装備されており、高級感ある内外装の加飾なども「Z」グレードならではの魅力です。

メーカーオプションで6ウェイパワーシートやシートヒーターなどを選べるので、快適に車内空間を過ごすことにこだわりたい方にもぴったりのグレードです。

 

燃費性能は「G」と同じく、WLTCモード33.6㎞/L(2WD)ですが、最上級の装備がされていて尚且つこの燃費でしたら言うことありません(^^♪

高級感のある見た目や充実した装備・性能をお求めの方、あるいは上級車種からのお乗り換えをお考えの方には「Z」グレードはおすすめのグレードです。

車の森 在庫確認

新車価格

トヨタ アクア 正面

画像引用▶トヨタ:AQUA

ではアクアを新車で購入する場合、いくらぐらいするのでしょうか?

グレード別にまとめてみました。

 

グレード 駆動方式 価格(税込)
B 2WD 1,980,000円
X 2,090,000円
G 2,230,000円
Z 2,400,000円
B 4WD 2,178,000円
X 2,288,000円
G 2,428,000円
Z 2,598,000円
車の森 在庫確認

中古車相場

トヨタ アクア

アクアを中古車で購入する場合、いくらぐらいかかるのでしょうか?

中古車は年式や走行距離、車のコンディションなどによって金額に大きく差がでますが、ここではアクアの生産された年式別におおよその金額を調べてみました。

 

年式 車両本体価格
2011年式~2013年式 15万円~100万円
2014年式~2017年式 20万円~180万円
2018年式~2020年式 70万円~220万円
2021年式~(新型アクア) 120万円~280万円

 

最近新型が登場したので、新型アクアの中古車流通量はかなり少ないのが現状です。

対して旧型となる2011年式~2020年式までのモデルは大ヒットモデルだけに、中古車流通量もかなり豊富です☆

価格的におすすめなのは2013年式で、100万円までで購入可能なものが多いです。ですが半数近くが走行距離5万キロ以上となるので、低走行にこだわる方にはあまりおすすめしません。

 

安全性を重視する方には、「トヨタ・セーフティセンスC」が標準装備された(一部グレードを除く)2015年11月以降の年式のものがおすすめです。

車の森 在庫確認

アクアを安く購入する方法

自動車購入は何百万もする高額な買い物になります。

ですから少しでも安く購入したいと思いますよね!

そこで人気のアクアをできるだけ安く買う方法をご紹介させていただきます。

値引き交渉に適した時期を狙う

一般的に自動車会社で値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「8月~9月の中間決算期」です。

この時期は特別な値引きキャンペーンをしていて、通常時期よりも大きな値引きが期待できます。

またこれからの時期、「12月のボーナス・年末商戦」もありますので、ここでも大きな値引きを引き出しやすいので、購入する予定があるのなら見逃さないようにしましょう。

中古車を検討してみる

誰かが使用した車に抵抗がないならば、価格の安い中古車はおすすめです。

もし抵抗がある!という場合には、中古車でも検討してみてください!
未使用だけれど登録だけ一度されているので中古車扱いになりますが、新車とほぼ変わらない状態の車もあります。

中古車は新車と違いオプションなどは選べませんが、アクアは中古車流通量が多い車ですので、自分の欲しい装備が備わっているモデルの中古車と出会える確率が高いといえます。

車の森 在庫確認

アクアの
登録済未使用車をご紹介

車の森では、登録だけ済ませているので中古車扱いになりますが、実際には誰も使用していない「登録済未使用車」を専門に扱っています。

ここで、車の森で実際に販売されたアクアをご紹介したいと思います。

 

Z(2WD)/

車両本体価格 2,098,000円(税込)

トヨタ アクア インパネまわり 後列シート

 

いかがでしょうか?

新品同様のキレイな状態であることがお分かりいただけると思います♪

ですが価格は新車で購入するよりもリーズナブルになっております(^^)v

 

お車の在庫は仕入れ状況などにより日々変動しております。

車の森でも仕入れてもすぐに売れてしまい在庫がなくなってしまう…というケースも多々ありますので、お目当てのお車がございましたらお手数ですが事前にお問い合わせいただいてから来店いただいたほうがよろしいかと思われます(>_<)!

車の森 在庫確認

まとめ

ヘッドライト

いかがでしたでしょうか。

アクアをグレード別に解説させていただきました。

アクアは最近新型が登場し、2WDと4WDでそれぞれ4つのグレードに分けられています。

それぞれのグレードに魅力がありますが、どのグレードも低燃費で手の出しやすい価格であるということがアクアの大きな強みです☆

コンパクトで運転しやすく乗り心地のいいハイブリッド車をお探しでしたら是非アクアをご検討されてみてください(*^-^*)

 

車の森は南大阪にある登録済未使用車を専門に扱っているお店です。

今回ご紹介したアクアはもちろん他にも数多くの車種の登録済未使用車をご用意しており、新品同様な状態でしかも低価格でご購入いただけます♪

また知識豊富なスタッフがお客様のお車選びのサポートをさせていただきますので、気になる点や要望などございましたら何なりとお申し付けください。

皆様のお問い合わせ・ご来店を心よりお待ち致しております!

 

車の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓↓

車の森 在庫確認

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▽出典

トヨタ:https://toyota.jp/aqua/

 

この記事を書いた人
営業
森田龍太郎
Ryutaro Morita
ヨシダオートサービスに入社して7年目。整備士を経て現在は営業や仕入れの業務をしています。 ブログ記事を通して自動車販売店独自の目線でお客様にお得でタメになる情報をお届けしていきます。 資格としては自動車整備学校にて二級自動車整備士を取得しております。
トップへ戻る