Topics Detail
特集記事詳細
特集記事

【2021年版】スバルの人気おすすめ車種をご紹介!〈スペックやポイントをご紹介!〉

2021.07.27

【2021年版】スバルの人気おすすめ車種をご紹介!〈スペックやポイントをご紹介!〉

こんにちは!
いつも車の森ホームページをご覧頂きありがとうございます。
今回は自動車メーカー「スバル」についてのご紹介です。
スバルの魅力や、おすすめのスバル車などみていきましょう♪!

スバルとは?

日本の自動車メーカーである「スバル」ですが、どのような会社なのかご存じの方はそう多くはないはず…。

まずはスバルとはどういった会社なのか。見ていきましょう♪

スバルは自動車事業と航空機事業のふたつをもつ会社

画像引用元:スバル(https://www.subaru.co.jp/ir/individualinvestors/overview.html

株式会社SUBARUの起源は1917年にまでさかのぼり、当時設立された「中島飛行機株式会社」という会社です。

その頃はまだ戦争が行われていた時代。中島飛行機株式会社の事業内容は軍用機を開発・製造する事でした。

その技術を受け継ぎ、現在でもヘリコプターや大型旅客機の生産に参画する等航空機事業でも活躍されています。

6つの星のエンブレムの由来

画像引用元:スバル(https://www.subaru.co.jp/ir/individualinvestors/etc.html)

 

戦後、中島飛行機株式会社は「富士産業株式会社」へと社名を変更しますがGHQによる財閥解体により12社に分割されてしまいます。

その中の5社である富士自動車工業・富士工業・大宮富士工業・宇都宮車輛・東京富士産業が共同出資を行い「富士重工業」が1953年に誕生しました。

現在も使われている6つの星が光るエンブレムはこの5社と富士重工業を表したものであると言われています。

 

米国での販売台数は国内の6倍以上

画像引用元:スバル(https://www.subaru.co.jp/ir/individualinvestors/performance.html

国内においても熱狂的ファンが多いことで知られるスバルですが、実は海外での生産・販売にも力を入れており、特にアメリカ・カナダでの人気が高い傾向にあります。

特にSUVの需要が高まっている中で、スバルはSUVブランドのイメージを獲得する事に成功している事や
スバル車の走行性能や信頼性が認められ、米国でも人気メーカーとして売上を伸ばしています。

スバルの魅力、独自技術とは?

スバルの魅力のひとつに、高い独自技術が挙げられます。

どういったものなのかひとつずつご紹介していきます。

・水平対向エンジン(ボクサーエンジン)

画像引用元:スバル(https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_boxer.html

水平対向エンジンとは、シリンダーが90度倒れた状態(水平に配置された状態)で左右対称にピストンが動く事で慣性力が打ち消されエンジン振動を抑える事が特徴です。

また、エンジンの全高が低く、低重心になる為軽量かつコンパクトの設計できる点もメリットであると考えられます。

 

・スバルグローバルプラットフォーム

画像引用元:スバル(https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

スバルグローバルプラットフォームとは、スバル独自の次世代プラットフォームの事を指します。

車体の高剛性化や、サスペンションの強化は操縦安定性の向上に繋がり
車内の振動や騒音の軽減の効果も得られるため、快適性にも優れた設計であると考えられますね。

 

・運転支援システム「アイサイト」

画像引用元:スバル(https://www.subaru.jp/eyesightowner/about/

スバル独自の運転支援システムであるアイサイトは、5つの機能を持ち現在多くのモデルに搭載されています。

ステレオカメラだけで全車速追従機能付クルーズコントロールやプリクラッシュブレーキなどを実現したシステムであり、高い認知度を誇ります。

 

スバルの人気おすすめ自動車5選

では次に、スバルの人気車種を現行型にしぼってご紹介していきます♪!

・レヴォーグ

画像引用元:スバル
https://www.subaru.jp/levorg/levorg/
(LEVORG GT-H)スペック情報
 全長/全幅/全高 mm  4,755 / 1,795 / 1,500 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)mm  1,900 / 1,515 / 1,205 mm
 車両重量  1,845kg
 燃費性能  WLTCモード 13.6km
 燃料タンク容量  63L
 メーカー希望小売価格  3,322,000円

国内専用モデルとして発売されたレヴォーグですが、現在その人気の高さから海外でも販売されているお車であり
現行モデルでは2020-2021日本カーオブザイヤーを受賞するなど輝かしい経歴をもちます。

レヴォーグの魅力と言えば、グレードによりアイサイトXが搭載されている事など走行性能にも優れていることが挙げられます。

便利な「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」は、アクセスキーを身に着けた状態でリヤのオーナメント部分に体を近づけると自動で開くため、両手が塞がっていてもそのままドアを開き荷物を積み込む事が可能です♪

 

・インプレッサ

画像引用元:スバル
https://www.subaru.jp/impreza/impreza/
(IMPREZA Advance)スペック情報
 全長/全幅/全高 mm  4,475 / 1,775 / 1,515 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)mm  2,085 / 1,520 / 1,200 mm
 車両重量  1,805kg
 燃費性能  WLTCモード 15.2km
 燃料タンク容量  48L
 メーカー希望小売価格  2,783,000円

スバルを代表する車といっても過言ではない、インプレッサは全グレードにアイサイトが搭載されている事や安定性に優れていることが特徴です。

車の安定性能は車内の静寂性に大きく関わり、振動や騒音が軽減される分快適に過ごすことが出来ます♪

また、居住性の面ではゆとりのある広々とした空間で、後列シートの座っても足まわりに余裕があります。運転席だけではなく、後列シートに座る人にとっても過ごしやすい車内は魅力的ですよね!

スポーティーでスタイリッシュなデザインは幅広い世代から支持される人気の高いお車のひとつとなっております。

 

・G4

画像引用元:スバル
https://www.subaru.jp/impreza/g4/
(G4 2.0iL EyeSight)スペック情報
 全長/全幅/全高 mm  4,640 / 1,775 / 1,455 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)mm  2,085 / 1,520 / 1,200 mm
 車両重量  1,595kg
 燃費性能  WLTCモード 14.0km
 燃料タンク容量  50L
 メーカー希望小売価格  2,244,000円

高級感のあるデザインで人気を集めるG4ですが、その特徴は安全性能に特化している事ではないでしょうか。

ドライバーの死角を軽減するようドアミラーの位置や形状に工夫が凝らされていることや、インパネまわりは視認性が良く造られているので運転がしやすく、疲れにくい車としてもおすすめです。

スバルの予防安全運転システムであるアイサイトが全グレードに標準装備されていることもユーザーからの信頼に繋がっていると考えられますね。

 

・XV

画像引用元:スバル
https://www.subaru.jp/xv/xv/
(XV Advance)スペック情報
 全長/全幅/全高 mm  4,485 / 1,800 / 1,550 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)mm  2,085 / 1,520 / 1,200 mm
 車両重量  1,825kg
 燃費性能  WLTCモード 15.0km
 燃料タンク容量  48L
 メーカー希望小売価格  2,926,000円

スバルの代表車でもあるインプレッサをベースに、SUVテイストに造られたXVも人気の高い車種のひとつです。

力強いデザインながら上品なインテリアでかっこいい印象を受けます。

アウトドアシーンでも活躍できるよう、最低地上高は200mmと高めに造られていることや

1.6i-L EyeSight・2.0i-L EyeSight・2.0e-S EyeSight・Advanceのグレードに標準装備された「X-MODE」は路面の状況に応じてモードを切り替える事で4輪の駆動力やブレーキをコントロールしてくれる機能でオフロード等足場の悪いシーンでも安心して運転する事が出来る突破性も持ち合わせております。

 

・ジャスティ

画像引用元:スバル
https://www.subaru.jp/justy/justy/
(JUSTY 2WD)スペック情報
 全長/全幅/全高 mm  3,705/1,670/1,735 mm
 室内寸法(全長/全幅/全高)mm  2,180/1,480/1,355 mm
 車両重量  1,365kg
 燃費性能  WLTCモード 18.4km
 燃料タンク容量  36L
 メーカー希望小売価格  1,964,600円

ダイハツからOEM供給を受けているジャスティは、両側スライドドアである点や室内高が高い点などからファミリーカーとしての人気が高く若いパパママ世代の方からの支持が高いお車です。

また積載能力にも長けていて、お子さまが小さいうちは少しのお出かけでも大荷物になってしまったり。大きくなってからは習い事などの送迎に自転車を積み込むシーンも出てくるかもしれませんよね。

こうした様々なシーンに対応できるのもジャスティの大きな魅力であると考えられます!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

スバルは100年の歴史をもち、航空機事業で培ってきた知識や技術を生かしたクルマ造りを行っている会社であることが分かりました。

走行性能や信頼性の高さから、お車の乗り換え時には「また次もスバルから!」というユーザーの声も多くあがります。

お車のご購入をご検討の際には是非メーカーごとの特徴を比較してみるのもお勧めですよ☆

 

車の森は南大阪にある登録済未使用車を専門に扱っているお店です。低価格でもより高品質な国内オールメーカー全てのお車を数多くご用意しており、新品同様なお車をお得な価格でご購入いただけます♪

もちろん購入希望の車種が決まっていなくても構いません!知識豊富なスタッフが丁寧にお車選びのお手伝いをさせて頂きますので、気になる車種・悩んでいる車種がございましたら是非車の森に気軽にお電話やメールにてお問い合わせくださいませ。

 

車の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓↓

https://stock.kurumanomori.com/usedcar/usedcar_result.php

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

出典

スバル

https://www.subaru.jp/

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

https://www.subaru.jp/impreza/g4/

https://www.subaru.jp/xv/xv/

https://www.subaru.jp/justy/justy/

トップへ戻る