Topics Detail
特集記事詳細
特集記事

【徹底解析】ハイブリッド車のデメリット!?購入前に注意しておくポイントをご紹介!

2021.07.2

【徹底解析】ハイブリッド車のデメリット!?購入前に注意しておくポイントをご紹介!

こんにちは!
いつも車の森のホームページをご覧いただきありがとうございます(*”▽”)♪

 

今回は【ハイブリット車】についてご紹介いたします。
軽自動車以外で人気のある車種の売れ筋を独占しているとも言われている、ハイブリット車。

しかし、ハイブリット車には不明な点が多々あります(><)

「燃費はよくても、車両金額は高い?」
「ハイブリット車の寿命は?」
「ガソリン車との燃費の違いはどの程度?」

など、ハイブリッド車を検討されているお客様よりお問い合わせをいただきます。
これから車の購入を検討されている方に、購入時にはきっと役に立つ情報をご提供いたします♪

ハイブリット車の選び方やメリット・デメリットもあわせてご覧ください★

≪ハイブリット車とは≫

“HV(HYBRID VEHICLE)”とも呼ばれているハイブリッド車は2つ以上の動力源を兼ね合せて走る車のことを指します。
効率よく走行することで、大幅な燃費向上を達成しています。

例えば、ホンダのハイブリッド『e:HEV(イーエイチイーブイ)』は、走行用と発電用の2つの電気モーターとガソリンエンジンで走るシステムになっています。

~ハイブリッド車の仕組み&特徴~

各メーカーから発売されているハイブリッド車は、様々な種類があります。
どのタイプも主に使用する燃料はガソリンになります。
大きく分けて3つのシステムを見ていきましょう。

①パラレル方式

エンジン駆動がメインになり、モーターがサポートしてくれるのがパラレル方式です。
発進・加速の際にパワーを必要とする場合、モーター+エンジンでの走行になります。
【例】
ホンダ≫≫Honda IMA

②スプリット方式

シリーズ・パラレル式とも言われているスプリット方式は、エンジンパワーとモーターパワーをその時の走行状況に応じて、使い分けができるシステムのことです。
低速時にはモーター走行、加速時にはエンジンも併用し効率よく使うことで、燃費の向上に貢献しています。
【例】
トヨタ≫≫THS (トヨタハイブリッドシステム) Ⅱ

③シリーズ方式

エンジンを走行用ではなく、発電用として使用するのがシリーズ方式です。
エンジンで発電してモーター走行、発電された電力はバッテリーに蓄えられます。
エンジン音が小さく、電気自動車のような乗り心地が特徴です。
【例】
日産≫≫e-POWER

≪メリット・デメリット≫

次に、ハイブリッド車のメリットとデメリットを見ていきます。
良いトコロ・悪いトコロを熟知したうえでの購入をお勧めします★
ガソリン車との違いも詳しくご説明いたします(。-`ω-)

~メリット~

1.低燃費

ハイブリッド車の1番のウリは、やはりガソリン車に比べ燃費が良いことでしょう。
車を所有するうえで一番負担になるのは、都度必要になる燃料費(ガソリン代)ではないでしょうか。
上の説明に合ったように、エンジン走行のみのガソリン車に対してハイブリッド車は電気モーターが併用されます。
そのことによって、大幅な燃費の向上が認められています。

2.減税対象

ハイブリッド車を購入時には、ガソリン車なら満額支払わないといけない税金≪自動車税・自動車重量税・環境性能割≫の減税措置を受けることができます。
毎年支払う自動車税、車検時に支払う重量税..どれも普通乗用車になると安くありません!!!
ガソリン車との出費の違いは大きいです(;゚Д゚)

3.寿命が長い

ハイブリッド車ではエンジンとバッテリーがセットで、ガソリン車でいうエンジン部分になります。
モーターとエンジンを併用して使用するため、搭載されているバッテリーは比較的寿命は長い傾向にあります。
メーカーによって寿命に違いはありますが、〇万km走行以下でバッテリー無償交換など保証してくれるサービスもあります。
駆動用バッテリー・エンジンの交換については、10万kmを超えての走行などしない限り心配は不要だと感じられます。

~デメリット~

1.車両価格が高額

ガソリン車に比べると、メーカー希望小売価格はおよそ30万円~50万円ほど高額な傾向にあります。
トヨタのシエンタでいうとガソリン車は1,818,500円~なのに対し、ハイブリッド車は2,236,500円~と418,000円の誤差が生じます。
都度支払う維持費はガソリン車よりも抑えられますが、購入時の車両本体価格はハイブリッド車の方が高額になります(><)

2.高すぎる静粛性

メリットとしてとらえられるユーザー様も中にはいらっしゃるようですが、あまりの静かさが原因で危険な場面に遭遇することもあります。
住宅地など狭い路地などで、起こりうることなのですが歩行者が車に気づかないということです。
ガソリン車ではエンジン音で車の存在に気づきますが、極端に静かなため運転手が万が一わき見をしてしまうと、お互い気づかず接触してしまうという恐れもあります。
ハイブリッド車を運転の際には、より一層歩行者には気を配って走行するのがポイントです。

3.修理費用・交換費用が高額

バッテリーの寿命が長いことはメリットでもご紹介しましたが、万が一交換や修理箇所が出てきてしまうとガソリン車に比べ、出費は高額になります。
プリウスでいうと駆動用バッテリーは、交換費用が18~20万円ほどかかってくるそうです。
な..なんと高額….(+_+)
しかし、ハイブリッド車の故障や消耗部品の交換頻度は、ガソリン車に比べて少ないのも事実です

≪ハイブリッド車の選び方≫

メリットとデメリットをご覧いただいたところで、次にハイブリッド車を選ぶポイントをご紹介します!!

お気に入りの一台を購入しても実際乗ってみると、

「あれ?思ってたのと違う・・・(;_:)」

といった思いは絶対にしたくありませんよね。
ハイブリッド車を買って後悔しないよう、購入前にぜひご覧ください★

1.燃費にこだわる!!

ハイブリッド車で車種を悩まれているユーザー様の多くは、まず第一に『低燃費』な車を探されている方が多いように感じられます。
ガソリン車と比べると燃費が良いのは当然です!!
燃費を第一に考えるのであれば、ハイブリッド車のコンパクトカーがオススメです☆
コンパクトカーといっても車内や装備は充実し、コンパクトさゆえ燃費性能にも優れたタイプが多いです♪

2.将来のことも考えよう!!

ハイブリッド車はガソリン車に比べ、乗り換え時につく下取り額(リセールバリュー)が大いに期待できます♪
ハイブリッドカーは低燃費だけでなく環境にも考慮されており、今の時代のニーズに合っているので高くで売れやすい傾向があります。
さらに維持費の面でも安定した人気があります。
将来的に乗り換えも視野に入れている方はハイブリッド車を選びましょう(^^♪

3.軽自動車も一つの手!!

コンパクトさを重視したい方や、普通乗用車の購入が難しい方には『マイルドハイブリッド』搭載車がおすすめです。
普通乗用車に比べるとモーター出力が低く簡易タイプになりますが、維持費は大きく差が生じます。
車両本体価格も違いますが、必要な税金はすべて軽自動車枠で計算されるので、どの点を見ても1番出費は少なくなります♪

4.中古車は買ってはいけない!!

ハイブリッド車の中古車をお勧めできない理由はバッテリーにあります。
見た目や内装がきれいでも、車の心臓とも言われるエンジンやバッテリーの消耗が激しければ販売価格も安くなります。
劣化しているバッテリーの状態で走行すると、燃費も向上しません。
バッテリー交換時には、多額の費用がかかってしまうこともあります(><)

\車の森厳選/ランキング”Best5″ 
~おすすめハイブリッド車 編~

最後に、車の森が厳選した燃費が良いハイブリッドカーを5台、ランキング形式にてご紹介します!!
コンパクトカーだけでなく、SUVやミニバンもランクインしているので、購入する決め手になるかもしれませんよ♪♪

第5位【YARIS CROSS】ハイブリッド
   ヤリスクロス / TOYOTA

▽メーカー希望小売価格
 2,284,000円~

画像引用 △ ヤリスクロス

コンパクトSUVに属するヤリスクロスは、運転のしやすさ・収納力・燃費の良さについて高評価を得ています。
そのため幅広い層からの人気があります。

力強い走りが体感できるのに2WDで30.8km/L(WLTCモード)と、世界トップレベルの低燃費を実現しています。
※2020年8月現在。トヨタ自動車(株)調べ。

車両金額もまだ現実的な価格帯ではないでしょうか(^^)/

*★***★***★***★*

▼車名
 トヨタ・ヤリスクロス
▼型式
 6AA-MXPJ10
▼車両重量
 1,160~1,190kg
▼全長 / 全幅 / 全高 mm
 4,180 / 1,765 / 1,590
▼乗車定員
 5人
▼総排気量
 1.490 L
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  27.8km/L~
 ▽市街地モード
  29.4km/L~
 ▽郊外モード
  29.9km/L~
 ▽高速道路モード
  26.1km/L~
 ▽JC08モード
  31.3km/L

車の森の在庫を見る

第4位【ALPHARD】ハイブリッド
   アルファード / TOYOTA

▽メーカー希望小売価格
 4,495,000円~

画像引用 △ アルファード

ミニバンからはアルファードのご紹介です(^^♪
ハイブリッド車になると全タイプ4WD、排気量は2.5Lのみの提供になっています。

公道で走ってる姿をよく見かけますよね。
あの大きな重たそうなボディなのにハイブリッド車になると、14.8km/L(WLTCモード)という数値を実現しています。
室内の快適さは文句なしですが、より少ないエネルギーから優れた走行性能を体感することもできます♢♢

車両価格は高額になりますが、乗り心地と走行性能には間違いなく満足する車と言えます。

*★***★***★***★*

▼車名
 トヨタ・アルファード
▼型式
 6AA-AYH30W
▼車両重量
 2,090~2,240kg
▼全長 / 全幅 / 全高 mm
 4,935~ / 1,850 / 1,950
▼乗車定員
 7人 / 8人
▼総排気量
 2.493 L
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  14.8km/L~
 ▽市街地モード
  12.6km/L~
 ▽郊外モード
  15.6km/L~
 ▽高速道路モード
  15.4km/L~
 ▽JC08モード
  18.4km/L

車の森の在庫を見る

第3位【AQUA】
   アクア / TOYOTA

▽メーカー希望小売価格
 1,818,300円~

画像引用 △ アクア

全てのタイプがハイブリッド仕様のアクアは、コンパクトさゆえ軽快で低燃費な走りをより体感することができます。
その燃費消費率はなんとWLTCモードで29.8km/L!!!!

また、アクアの購入の決め手となるポイントはもちろん維持費もありますが、車両価格がほかの車両と比べるとリーズナブルな価格帯になっていることです♪
ハイブリッド車は高額なイメージですが、アクアならまだ現実的な設定金額ではないでしょうか(´∀`*)

*★***★***★***★*

▼車名
 トヨタ・アクア
▼型式
 6AA-NHP10
▼車両重量
 1,060~1,090kg
▼全長 / 全幅 / 全高 mm
 4,050 / 1,695 / 1,455
▼乗車定員
 5人
▼総排気量
 1.496 L
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  27.2km/L~
 ▽市街地モード
  25.6km/L~
 ▽郊外モード
  29.2km/L~
 ▽高速道路モード
  26.8km/L~

車の森の在庫を見る

第2位【PRIUS】
   プリウス / TOYOTA

▽メーカー希望小売価格
 2,597,000円~

画像引用 △ プリウス

アクアよりもボディは少し大きくなりますが、全タイプがハイブリッド車のラインナップなっているプリウスは、WLTCモードで30.8km/Lと『さすがプリウス!!』と思わせてくれるような低燃費を実現しています。

また4WDの設定もあり【E-Four(電気式4WDシステム)】により、滑りやすい路面でも低燃費で安定した走りを体感できます♪

*★***★***★***★*

▼車名
 トヨタ・プリウス
▼型式
 6AA-ZVW51
▼車両重量
 1,320~1,380kg
▼全長 / 全幅 / 全高 mm
 4,575 / 1,760 / 1,470
▼乗車定員
 5人
▼総排気量
 1.797 L
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  27.2km/L~
 ▽市街地モード
  25.5km/L~
 ▽郊外モード
  28.9km/L~
 ▽高速道路モード
  26.9km/L~

車の森の在庫を見る

第1位【FIT e:HEV】
   フィット / HONDA

▽メーカー希望小売価格
 1,997,600円~

画像引用 △ フィット

ハイブリッド仕様のフィットは、運転のしやすさ・燃費性能ともに多くのユーザーから評価を得ています。
ボディの大きさからは想像がつかない広い室内空間を提供し、大きく開くバックドアは荷物の積み下ろしにストレスを感じさせません。

フィットが人気のわけは、燃費の良さと使い勝手の良さにあると言えるでしょう♪♪

*★***★***★***★*

▼車名
 ホンダ・フィット
▼型式
 6AA-GR3
▼車両重量
 1,180~1,280kg
▼全長 / 全幅 / 全高 mm
 3,995 / 1,695 / 1,515~1,570
▼乗車定員
 5人
▼総排気量
 1.496 L
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  27.4km/L~
 ▽市街地モード
  26.9km/L~
 ▽郊外モード
  29.8km/L~
 ▽高速道路モード
  26.0km/L~
 ▽JC08モード
  35.0km/L~

車の森の在庫を見る

▽出典
https://toyota.jp/yariscross/
https://toyota.jp/alphard/
https://toyota.jp/aqua/
https://toyota.jp/prius/
https://www.honda.co.jp/Fit/

≪まとめ≫

いかがでしたでしょうか。
今回はハイブリット車について、解説いたしました。

メリットがある分デメリットも感じれしまうかもしれませんが、購入する際にまず条件として出るのは【低燃費な車】ではないでしょうか。
車両代は決して安くはありません!!!
ハイブリッド車にこだわるのなら、軽自動車も視野に入れてご検討されるのもいいかと思います♪
ご自身に合ったクルマで、低燃費かつ快適なカーライフをお送りください★★

車の森では、お客様のニーズに合った車両を数多く取り揃えております!!
知識豊富なスタッフがお車選びのお手伝いをさせていただきます♪
気になるお車がございましたら、車の森へお気軽にお電話やメールにてお問合せください。

車の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓↓

車の森の在庫を見る

最後までお読み頂きありがとうございました!

トップへ戻る