Topics Detail
特集記事詳細
特集記事

ファミリーに最適!7人乗りが出来る車をご紹介!【人気のおすすめ車種やポイントをご紹介!】

2021.06.24

ファミリーに最適!7人乗りが出来る車をご紹介!【人気のおすすめ車種やポイントをご紹介!】

こんにちは。
いつも車の森ホームページをご覧頂きありがとうございます。

今回はファミリー向け車両の中でも7人乗りが出来るというポイントに絞って人気車両ランキングを作成しました!

ファミリーカーをご検討中の方は是非ご覧になってください♪

ファミリー向け車両の選び方

結婚・出産を機にお車をファミリー仕様に乗り換えられる方は非常に多く、家族みんなで乗ってもゆとりのある7人乗りの車は特に人気があります。

需要があることから、各メーカーからも様々な7人乗りの車種が開発されており消費者側である私たちはどの車にしようか悩んでしまう事もしばしば。

まずは7人乗りができるお車のボディタイプについてご紹介していきます。

ファミリーカーの王道ミニバン

ファミリーカーと聞くと、背の高い箱型のボディをしていて尚且つスライドドアがついたお車を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ミニバンと呼ばれる車の特徴でもあるシートアレンジが多彩なことから、人数が増えても大きな荷物を積み込む時にも力を発揮してくれるミニバンは特に家族層に人気の高いタイプです。

ミニバンは税金に注意

ひとくくりにミニバン。と言ってもサイズはそれぞれ異なってきます。

そしてこのサイズの違いから、毎年支払わなければならない税金の金額に影響する排気量が違ってくるので注意が必要です。

 

使い勝手のいいコンパクトサイズミニバン

「大きな車だと運転が心配」という方や、「大きすぎで持て余してしまう。」といった方に人気なのが全長4,300mm以下全幅1,700未満である5ナンバーに該当するコンパクトサイズのミニバン。

ファミリー層に特に重視されるスライドドアも兼ね備えており、運転に不慣れなママさんが運転するにもハードルが低く使い勝手がいいと近年人気のあるタイプです。

コンパクトサイズミニバンは居住性に注意

ミニバンながら全長は4,200mm程度とコンパクトカーに近いボディサイズをしているため3列目シートの居住性は世間的にミニバンと認識されるサイズの車種と比べるとどうしても悪く感じてしまう傾向にあります。

3列目シートの使用頻度がたまに使う程度であれば問題ないでしょうが、日頃から3列目までフルに人が乗る条件の場合は気を付けておきたいポイントですね。

 

世界的に人気の高いSUV

ファミリーカー=ミニバンといった定番を嫌う、デザイン性も重視したい方に人気なのがSUVモデルのお車です。

近年世界的に人気が高騰していることもありメーカーも様々なSUVモデルのお車を造られていて種類がとても豊富に揃っております。

アウトドアシーンでも活躍してくれるSUVはお出かけ好きなファミリーにうってつけのタイプでしょう。

SUVは乗降性に注意

ファミリーカーのご購入を検討される方の多くは、ご家族のお車の使いやすさを重視されていますが、ここで気を付けておきたいのはSUVモデルはオフロードでの突破性を重視して造られた車のため最低地上高が他のタイプよりも高くなっています。

このことから小さなお子さまやご年配の方などには車の乗り降りに負担がかかってしまう場合があるので注意が必要ですね。

 

ファミリー向け車両の人気おすすめランキング

では一体どの車が人気が高いのか。車の森でのおすすめランキングをご紹介します☆

人気の理由やポイントについてもご紹介しておりますので、まだ決め悩んでいる方も必見です♪

第1位:トヨタ ヴォクシー

ファミリーカーを求めて車の森にお越し頂くお客様に一番人気なのは、テレビCM等でもよく目にするヴォクシーという結果になりました!

いかついフロントマスクは若いパパさんからの支持も高く、外観・内装共にかっこいい印象を受けるデザインです。

人気のグレード、「特別仕様車ZS“煌Ⅲ”」のカラーバリエーションは全4色となっておりホワイトパールクリスタルシャインやブラックなどの定番色が人気を集めています。

スライドドアの開口幅は805mmと広く、また最低地上高も360mmと低床であることや乗り降りをサポートするチャイルドグリップがついていることなど乗降性にも優れている点も魅力のひとつでお子さまやご年配の方もラクに乗り降りすることが出来ます♪

 

また、ミニバンの得意分野でもある積載能力の点では、3列目のシートが跳ね上げ式収納となっている為シートを収納した状態でも「スパーラゲージボックス」という床下収納スペースが使えるのも嬉しいポイント。ベビーカーなどのかさばる荷物も容易に積み込む事が可能です。

少しのお出かけでも大荷物になってしまう現役子育て世代の方々に人気があるのも納得の1台です★

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,710/1,735/1,825 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,930/1,540/1,400 mm
車両重量
1,600kg
燃費性能
WLTCモード13.2km/L
燃料タンク容量
55L
軽の森相場
2,298,000円~
メーカー希望小売価格
2,940,300円

(特別仕様車ZS“煌Ⅲ”)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第2位:トヨタ ノア

1位のヴォクシーと兄弟車で知られるノアが2位につける結果となりました。

外観はヴォクシーのいかついかっこよさとはまた違った、親しみやすい優し気な印象を受ける中にもメッキパーツを大胆に使用したことから高級感も感じられます。

ノアも特別仕様車のSi“W×B Ⅲ”が人気のグレードとなっており、黒を基調とした上質なインテリアも人気の理由のひとつです。

ボディカラーはグレードにより選択肢が異なり、こちらのグレードだと定番のブラックやホワイトパールを含む4色の中からお選びいただけます!

運転席に座った時に車のボンネットフードが見えるので、車両感覚をつかみやすく対向車や壁などの障害物との距離感が分かりやすい為運転がラクに行えます♪

子育て中の方がよくお車選びの際の条件として挙げられるパワースライドドアも搭載されており、ボタンひとつで開閉することが出来る為抱っこされたまま寝てしまったお子さまを起こしてしまうことなくチャイルドシートに寝かせてあげる事だって出来ます☆

お子さまが大きくなって自分でドアを開けるようになってもスライドドアなら駐車場の隣の車や壁等に勢いよくぶつけてしまう心配が要らないのもメリットです!

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,710/1,735/1,825 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,930/1,540/1,400 mm
車両重量
1,600kg
燃費性能
WLTCモード13.2km/L
燃料タンク容量
55L
軽の森相場
2,298,000円~
メーカー希望小売価格
2.940,300円

(特別仕様車Si”W×BⅢ“ 2WD)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第3位:日産 セレナ

セレナにも他のお車同様に7人乗り・8人乗りのタイプがございますが、セレナの7人乗りはニッサンのハイブリッドシステムe-POWER搭載車のみに限定されます。

スタイリッシュなフロントマスクは男性のみならず女性からの人気も高く、街中でも走行している姿をよく見かけますね☆

カラーバリエーションも豊富にあり2トーンカラーも含めると計13種類もの数があります。定番色が圧倒的に人気な中、自分の車だと分かりやすい、少し違いを出したい方には選べる選択肢が広いのは嬉しいポイントでしょう♪

e-POWERはハイブリッドシステムの中でも電気自動車に近い方式で、エンジンはモーターを稼働させるためだけに使用し、走行自体はモーターのみで行われる為低燃費であるだけでなく、静寂性にも優れているのが特徴です。

車内で運転席から後列まで声がしっかり届くので、「車の音がうるさくて聞こえない!」なんていう事もなく家族の会話も弾みます♪

また360度セーフティアシスト(全方位運転支援システム)が全車に標準装備なのもありがたいポイント。安全性能の面でも高い評価を得るセレナは運転する頻度が少ない方でも乗りやすいお車と言えますね!

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,770/1,740/1,865 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
3,240/1,545/1,400 mm
車両重量
1,780kg
燃費性能
1WLTCモード18.0km/L
燃料タンク容量
55L
メーカー希望小売価格
3,582,700円

(e-POWER ハイウェイスターV)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第4位:ホンダ フリード

上記でもご紹介しておりました、コンパクトサイズミニバンに該当するフリードがランクインしました。

使い勝手いいサイズ感と、街に溶け込むシンプルで上品なデザインは子育て真っ盛りのご家族にも、子育てがひと段落したご家族にも人気の車種となっております。

定番色に加え、プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックやシルバーミストグリーン・メタリックなど個性的なカラーまで全部で9種類と、ご自身の好みに合わせたお色が見つけられる事も魅力のひとつです。

車内空間はインパネまわりに木目調の素材があしらわれており、ブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気になっております。
後列シートでも大人が座って足を組んでも余裕のある程ゆとりがあり、また3列目のシートでもクッション性があり長時間のドライブでも快適に過ごすことが出来るでしょう。

安全性能の面ではホンダの安全運転支援システムである「HondaSENSING」が全タイプ標準装備となっている為、大切な人乗せて運転する私たちにとって大きなポイントになります。

最小回転半径は5.2mと小回りが利くので細い道の多い住宅街や狭い駐車場でも運転がし易いのもメリットですね。

お子さまの習い事の送迎だったり、普段の買い物など運転が必要になったママさんにもお勧めの乗りやすいお車です♪

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,265/1,695/1,710 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
3,045/1,455/1,285 mm
車両重量
1360kg
燃費性能
WLTCモード17.0km/L
燃料タンク容量
36L
軽の森相場
1,798,000円~
メーカー希望小売価格
2,182,400円

(G HondaSENSING)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第5位:トヨタ シエンタ

2003年から発売されているシエンタは初代は丸いヘッドライトの可愛らしい印象を受けるデザインでしたが2015年にフルモデルチェンジを経て現在のモデルになりました。

特徴的なデザインに豊富なカラーバリエーションがある事で知られていて、軽自動車が窮屈になった若い世代の方のステップアップや子どもが大きくなり大きなサイズが必要なくなったミドルシニア世代の方のダウンサイズまで需要が高く幅広く支持されるロングセラーのお車です。

ミドルサイズのミニバン等と比較すると車体価格はお求め易い価格で、ガソリン車でもWLTCモード17.0km/Lと燃費性能にも優れている事から維持費も抑えられるお財布に優しいお車です♪

またシエンタの特徴は3列目のシートを折り畳んで2列目のシートの下に収納する事が出来ることではないでしょうか。

必要な時だけ3列目のシートを出し、使わない時はキレイにしまえるので乗車人数に合わせてスペースを有効活用できるのは嬉しいポイントですよね。

このシートの収納・引き出しも難しいものではなく簡単に行えるのでママさんも安心です!

ファミリーカーとして十分に活躍してくれる一方、使い勝手の良さから平日にはお父さんの通勤にも使える頼もしいパートナーになってくれることでしょう。

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,260/1,695/1,675 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,535/1,470/1,280 mm
車両重量
1320kg
燃費性能
WLTCモード17.0km/L
燃料タンク容量
42L
軽の森相場
1,697,000円~
メーカー希望小売価格
2,107,000円

(G)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第6位:日産 エクストレイル

街乗りにはもちろん、アウトドアシーンでも活躍してくれる日産発のSUVモデルであるエクストレイル。

存在感のある力強いフロントマスクに日産らしさを感じる上質なインテリアデザインでかっこいいデザインが好みの方に人気がある車種です♪

オフロードでの突破性を重視されるタイプの車種でありますが、その実力はトップクラス。

4WD車に標準装備されている「インテリジェント4×4」は走行状況に応じて自動で2WD
走行と4WD走行を切り替えてくれるシステムです。

普段の街乗りでは2WDで快適にスイスイ走行し、足場の悪いシーンでは4WDに切り替わって走行する事が可能なので必要なシーンによって使い分けが出来る点は、結果低燃費に繋がるのも魅力的ですよね。

また日産ならではのポイントと言えば、テレビCM等でもお馴染みのプロパイロットが挙げられます。

高速道路での走行時にボタンを押すだけで、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作をサポートしてくれ、ドライバーの負担を軽減するシステムです。
車が自動で車間距離や車線中央をキープしたまま運転支援をしてくれるなんて凄い機能ですよね!

上記でご紹介したほかにも搭載可能な安全運転支援システムが豊富に揃っており、運転に自信がないパパさん・ママさんにもお勧めな1台と言えます☆

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,690/1,820/1,740 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,555/1,535/1,270 mm
車両重量
1550kg
燃費性能
WLTCモード12.8km/L
燃料タンク容量
60L
メーカー希望小売価格
3,235,000円

(20xi)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第7位:日産 エルグランド

Lサイズのミニバンとして知られるエルグランドはランキングの上位を占めていたミドルサイズのミニバンに比べひと回り大きいものになります。

その為車内空間も広くゆとりがあり、7人乗りの2列目シートにはコンフォタブルキャプテンシートが採用されていてリラックスして過ごすことが出来ます。3列目シートでも十分に厚みがあり長時間のドライブでも疲れにくい居住性の高いお車です。

ボディカラーは2トーンカラーを含む計5種類のバリエーションで、ミッドナイトブラックやピュアホワイトパールなどの定番色に人気が集まっています。

また大きめのミニバンとなると運転面で心配に思う方もいらっしゃるかと思いますが、運転をサポートしてくれる360度セーフティアシスト(全方位運転支援システム)が全車に標準装備されているのもポイント。

大きいが故に車体の後方部分など見えにくい箇所の確認をサポートしてくれる「インテリジェントアラウンドビューモニター」は駐車時、真上から車を見おろしたようにモニターに表示されるので

人や付近の車といった障害物などまわりの状況が確認できるのでスムーズな駐車を手助けしてくれます♪

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,965/1,850/1,815 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
3,025/1,580/1,300 mm
車両重量
1,930kg
燃費性能
WLTCモード10.0km/L
燃料タンク容量
73L
軽の森相場
2,998,000円~
メーカー希望小売価格
3,694,900円

(250Highway STAR S)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第8位:トヨタ ランドクルーザープラド

存在感のあるサイズ感とエクステリアで街中でもひと際目を惹くランドクルーザープラド。

タフな車として知られ、アウトドアが好きなファミリーからの支持が高いお車です!

ボディカラーは定番色に加えレッドマイカメタリックやアバンギャルドブロンズメタリックを含む計5色。インテリアは他のお車ではよく見られるラグジュアリー感を意識したというよりは、とことん実用性に特化した造りになっている印象を受けます。

広大なラゲッジスペースはアウトドアシーンでの利用を想定される方には必須条件ではないでしょうか?家族でのキャンプなどレジャー用品も易々と積み込める積載能力の高さは大きな魅力ですね♪
また3列目のシートは収納することが出来て、床面がほぼフラットな状態になる為使い勝手が良いのもポイントです。

様々な走行シーンが考えられるからこそ、安全機能も十分に備わっていて、トヨタの先進予防安全装備である「トヨタセーフティセンス」が全グレードに標準装備されています。

その為、昼間の走行中の自転車や歩行者をミリ波レーダーとカメラを使って検出し、衝突回避や被害軽減のサポートを行ってくれるプリクラッシュセーフティなどが搭載されておりドライバーの安全運転を手助けしてくれます♪

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,825/1,885/1,850 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,520/1,565/1,240 mm
車両重量
2,090kg
燃費性能
WLTCモード8.3km/L
燃料タンク容量
87L
軽の森相場
3,269,000円~
メーカー希望小売価格
3,824,000円

(TX 7人乗り)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第9位:ホンダ ステップワゴン

いかつめのフロントマスクが多いミニバンの中でも、落ち着いた万人受けのするエクステリアのステップワゴンもファミリーカーとして人気の高いお車です。

ボディカラーはグレードにより選択肢が異なり、ご紹介しているSPADAについては全部で8種類と豊富に揃っております。

他のミニバンではあまり見ないような、オブシダンブルー・パールやプレミアムディープロッソ・パールなどの上品ながらも目を惹くお色もあり定番を嫌う方にもお勧めですよ♪

またステップワゴンならではの特徴として荷室の扉が横に開く「わくわくゲート」が挙げられます。

大半の荷室の扉は縦にしか開かない為、車の後ろにスペースがないと開閉することが難しく荷物の積み下ろしをする為に車を少し動かして…という経験はございませんか?

このような時にわくわくゲートがあればドアの後方突出量はちょっとした持ち物を積む程度であれば400mmあれば開くことが出来るのでとても役立ってくれる機能です★

このわくわくゲートは乗り降りにも使えるので、ちょっとしたことでも楽しんでくれるお子さまにもウケが良さそうですよね!

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,760/1,695/1,840 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
3,220/1,500/1,425 mm
車両重量
1,680kg
燃費性能
WLTCモード15.8km/L
燃料タンク容量
52L
軽の森相場
2,358,000円~
メーカー希望小売価格
2,920,500円

(SPADA HondaSENSING)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

第10位:ホンダ CR-V

高級感のある上品なフロントマスクをもったSUVモデルのCR-Vも幅広い世代からファミリーカーとして人気のあるお車です。

ボディカラーは全6色で、車の森ではやはり定番色のプラチナホワイトパールやクリスタルブラックパールが人気を集めています。

インテリアはグレードにより黒やブラウンを基調としていて、エンジン部分を小さくする事により車内空間を広く造られているので3列シートの7人乗りのタイプでも解放感があります。

3列目のシートは畳んで収納しておくことが出来るので、普段使わない時にはしまっておいて、荷室スペースを広く使う事が出来るのもポイントです。

ご紹介しているグレード「Masterpiece」にはブラインドが電動式のガラスルーフが標準装備されていて、見晴らしがよく、アウトドアシーンでの利用は満足感も得られるでしょう♪

またデュアルピニオンEPSなどによりハンドルの操縦安定性の向上や、インパネまわり視認性にも長けていることから運転がし易いとユーザーからの評価も高くSUV車をお探しのご家族にもお勧めのお車です!

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
全長/全幅/全高 mm
4,605/1,855/1,680 mm
室内寸法(全長/全幅/全高)mm
2,520/1,520/1,230 mm
車両重量
1630kg
燃費性能
WLTCモード14.2km/L
燃料タンク容量
57L
軽の森相場
3,398,000円~
メーカー希望小売価格
3,880,000円

(EX masterpiece)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

7人乗りができる、ファミリーカーとして最適なお車をご紹介してきましたが気になるお車はランクインされていましたか?♪

 

今回のランキングはほんの一例であり、ランキング上位であるから優れている。というものではありません。是非お車選びでお悩みの際は、様々な車種を比較してみてご自身にとっての最適なお車を見つけてください♪!

 

登録済み未使用車とは

車の森でも専門に扱っている登録済未使用車ですが、これは登録だけ済ませたまだ使用歴のない新品同様のお車の事を言います。

新古車と呼ばれる事もあり、こちらの方が聞き慣れている方もいらっしゃるかと思われますが内容は同じ状態のものを指しています。

登録は既に済ませている為、新車ではなく書類上は中古車に分類されるので新車にくらべお手頃な価格で購入可能なことや

在庫として既にお車がある状態なので納車までの日数も数日から数週間と早く手にすることが出来るのが魅力です♪

 

 

車の森は南大阪にある登録済未使用車専門店です。低価格でもより高品質な国内オールメーカー全てのお車を数多くご用意しており、新品同様なお車をお得な価格でご購入いただけます♪

知識豊富なスタッフが丁寧にお車選びのお手伝いをさせて頂きますので、気になるお車がございましたら是非車の森に気軽にお電話やメールにてお問い合わせくださいませ。

 

車の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓↓

https://stock.kurumanomori.com/usedcar/usedcar_result.php

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

出典

トヨタ

https://toyota.jp/voxy/

https://toyota.jp/noah/

https://toyota.jp/sienta/

https://toyota.jp/landcruiserprado/

日産

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

ホンダ

https://www.honda.co.jp/FREED/

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

https://www.honda.co.jp/CR-V/

トップへ戻る