Topics Detail
特集記事詳細
特集記事

【2021年版】日産の人気おすすめ車種をご紹介!【スペックやポイントをご紹介!】

2021.07.7

【2021年版】日産の人気おすすめ車種をご紹介!【スペックやポイントをご紹介!】

こんにちは!
いつも車の森のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

今回は【2021年版】日産の人気おすすめ車種をご紹介いたします!!!

“日産”と聞くとどんな車を思い浮かべますか?
軽自動車からミニバン・電気自動車にわたっても最先端の技術で日本の自動車業界をけん引しています。
そんな日産について、詳しくみていきましょう♪♪

日産とは?

画像引用 △ 日産自動車株式会社

~歴史~

日産自動車株式会社は1934年(昭和9年)に設立された、長い歴史のある国産メーカーです。
しかし日産自動車に社名変更になったのが1934年であり、社名変更されるまでの歴史はさらにさかのぼります。

日産自動車前史によると1911年(明治44年)に橋本増治郎氏を中心に『快進社自動車工場』を設立しています。
これをきっかけに当時は外車ばかりだった日本に、国産自動車の製造を盛んに行い橋本氏は先駆者となりました。
快進社に出資した田健次郎氏(D)・青山禄郎氏(A)・竹内明太郎氏(T)により、ダット自動車が完成します。
ダット自動車は大正博覧会に出品され、評価を得ています。

そんな快進社も不振の時を迎えます。
そこで1925年(大正14年)に『合資ダット自動車商会』を設立します。
その後、合併や傘下に入るなどを経てダットサンが誕生します。

△ダットサン フェアレディZ 240Z

日本では『旧車』と呼ばれることもあります。
ダットサンは今でも海外のドラマや映画でよく見る、一昔前のおしゃれな車ですが、日本では最近見かけることも少なくなりました。
アメリカの車かなと思う方もいらっしゃるように、今の日本にはないデザインを持ちます(。-`ω-)★
現在はインドや南アフリカを中心で活躍しています♪♪

そして1993年(昭和8年)に戸畑鋳物株式会社の自動車部を創設し、社名変更などを経て今の日産自動車に至ります。
今では【Nissan】【INFINITI】【Datsun】と3つのブランドを持つ、トヨタ・ホンダに続く日本を代表する自動車メーカーになりました☆

△出典
 日産自動車前史

~グローバル生産~

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、日産は海外でも強い人気のあるメーカーです。
直近3年ほどで見てみると、中国・北米が日本よりも多い台数が販売されています。
また、現地で生産されている台数も日本よりも多い場合もあります。

日産の確かな技術は、万国共通で周知されていることがわかります♪

△出典
 日産自動車

日産の魅力とは?

画像引用 △ 日産自動車

国内には様々な自動車メーカーがあります。
強みや社風は各メーカーそれぞれです。
そこで次に、日産の魅力について見ていきましょう。
日産車と他車での購入を迷われている方は、ぜひご参考にしてみてください!!

~高い技術力~

“技術の日産”と呼ばれていることから、技術面に特化していることがわかります。
技術力が高いとはいっても、私たちが直接感じるところはどのようなポイントなのでしょうか。

★Pro PILOT

日産の最先端の技術と言えば電気自動車ですが、最近ではCMでもお馴染みの『プロパイロット』。
ハンドルから手を放した状態でも、速度や車線維持をアシストしてくれるシステムです。
最先端技術を取り入れた『プロパイロット2.0』が搭載された、スカイラインも注目されています。
7つのカメラで360度見守ってくれているシステムでナビ通りに走行、前車の追い越しも提案してくれる世界初のドライブ体験が可能です(≧◇≦)/

△出典
 日産プロパイロット

★e-POWER

日産のハイブリッド車では、ノートが有名です。
電気自動車のリーフも多くの販売実績はありますが、遠出のときに充電設備がなかったらどうしようなど、行き先の燃料補充地のことも考えなければなりません。
そのことから、ガソリンを給油しておけば充電切れにはならない、燃費のいいハイブリッド車”e-POWER”が評価を得ました。

100%モーター走行が可能なため、驚くほど静かな室内空間が確保されています。
また、燃費が良くても走行性能は低いのでは?と思われる方もいらっしゃるようですが、日産のe-POWERはアクセルを踏むと瞬時に発進・スムーズな加速が体感できます。
燃費が良くて静粛性・走行性能も高く持っているハイブリッド車は、日産ならではの技術と言えるでしょう♪

△出典
 日産e-POWER

★安全対策

安全面への取り組みにも強化している日産は、様々な技術を取り入れています。
代表的なシステムをご紹介します。

▼BSW(後側方車両検知警報)
走行中の車線変更時、隣の車線に車がいる場合には警報によってドライバーに注意を促します。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ
前方の車や歩行者に衝突する恐れがあるとシステムが判断後、表示や音による警告と同時に自動的に弱いブレーキが作動します。
運転手に衝突回避を支援します。

インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)
バック時、見落としていた人や車両に反応し、短時間のブレーキにより衝突回避を支援します。

▼インテリジェント FCW
2台前を走る車両を検知。
急な減速によって回避が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに知らせてくれます。
主に高速道路で活躍します。

△参考資料
 安全への取り組み

~環境対策~

人とクルマと自然の共生を目指している日産は、環境への配慮も欠かせません。
『NGP2022(ニッサン・グリーンプログラム)』は気候変動・資源依存・大気品質・水資源の環境課題への取り組みを強化しています。

環境への課題は人や車が増え続ける限り、なくなることはありません。
しかし日産は、事業活動やクルマによって生じる環境への依存と負荷を自然が吸収可能なレベルに抑え、より豊かな社会の発展に貢献しています。
豊かな自然資産を次世代に引き継ぐ環境方針をもって、取り組んでいます。

△参考資料
 環境への取り組み

\車の森厳選/ランキング!!!
“日産車”人気おすすめBest5★

日産の魅力をお伝えしたところで、最後に車の森が厳選した日産の人気おすすめ自動車を5台ご紹介します!!

上でも説明した最先端技術が備わった車種や、低燃費な車種がランクインしています(^^♪
初心者の方にもピッタリな車も登場します!!!
乗り換えや新たに車の購入予定がある方は、必見です★

★1位★【NOTE 】e-POWER

e-POWERの説明の中でも登場しましたノートは、躍動感あふれるデザインも人気の一つにあります。

ボディタイプはコンパクトカーになりますが、室内は想像以上の広さが感じられます。
後席は前方に倒すと、ほどフラットになるためゴルフバックも寝かせて収納することができます。

そして1番の特徴はやはり燃費性能にあります。
タイプFではWLTCモードで、29.5km/Lという低燃費を実現しています♪
日産で燃費が良い普通車をお探しの方は、ぜひノートをご検討ください(*^^)v

■□■□■□■□スペック情報■□■□■□■□

▼車名
 日産・ノート
▼全長/全幅/全高 mm
 4,045 / 1,695 / 1,505
▼車両重量
 1,495kg~
▼乗車定員
 5人
▼駆動方式
 2WD
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  28.4km/L
 ▽JC08モード
  34.8km/L~
▼メーカー希望小売価格
 2,054,800円~

▽出典
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

車の森の在庫を見る

★2位★【SERENA 】e-POWER

次にご紹介するのは、ミニバンのセレナです。
ミニバンクラス1の室内の長さと幅を持つセレナは、ファミリー層からの支持が強いです。

全方位の視界を確保したフロントガラスは、運転のしやすさ・快適さが体感できます。
2列目シートはロングスライドが可能で、大人でもゆったりと足を伸ばすスペースがあります。

ファミリー層から人気の理由の一つに『ハンズフリースライドドア』が装着している点があげられます。
お子様を抱っこしている時や荷物で手がふさがっている状態に役立つ、足元のセンサーでスライドドアが開閉するシステムです。

ファミリーカーをお探しの方には、セレナをお勧めします★

■□■□■□■□スペック情報■□■□■□■□

▼車名
 日産・セレナ
▼全長/全幅/全高 mm
 4,865~ / 1,695~ / 1,865
▼車両重量
 1,740kg~
▼乗車定員
 7人
▼駆動方式
 2WD
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  17.2km/L
 ▽JC08モード
  23.4km/L~
▼メーカー希望小売価格
 e-POWER:2,997,500円~
 ハイウェイスターV:3,070,100円~
▼車の森の相場
 ハイウェイスターV:2,398,000円~

▽出典
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

車の森の在庫を見る

★3位★【X-TRAIL 】

日産のSUVと言えばエクストレイルを想像する方も多いのではないでしょうか。

アウトドアでの活躍も大いに期待できるエクストレイルは、最先端の技術が備わっています。
自動運転の『プロパイロット』や、4WD車になると『インテリジェント4×4(様々な路面にで活躍する電子制御4WDシステム)』が標準で装備されます。

車両金額は3,161,400円~と決して安い金額ではありませんので、中古で購入される方も多くいらっしゃいます。
年式・走行距離・車両状態などによって金額にばらつきは出てきますが、およそ100万円後半~200万円前半にかけて販売されているケースがあります。
日産の人気あるSUVを、中古で購入するのも一つの手です♪

 

■□■□■□■□スペック情報■□■□■□■□

▼車名
 日産・エクストレイル
▼全長/全幅/全高 mm
 4,960 / 1,820 / 1,740
▼車両重量
 1,510kg~
▼乗車定員
 5人
▼駆動方式
 2WD
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  13.2km/L
▼メーカー希望小売価格
 3,161,400円~

▽出典
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

車の森の在庫を見る

★4位★【ROOX】

日産は普通車だけではありません!!!
軽自動車からはルークスのご紹介です(^^)/
2020年にグッドデザイン賞を受賞したルークスは、存在感あるフェイスマスクを持ち、幅広い世代から人気があります。

 

軽自動車だから…と思われるかもしれませんが、ルークスは軽自動車の概念を覆します\(◎o◎)/!
室内ではリビングにいるような広い空間を提供し、軽自動車とは思えない広いラゲッジルームが備わっています。

デザインだけでなく安全装備も普通車と変わらない”プロパイロット”が搭載されているタイプもあり、自動車の免許取得後に初めて乗る車としてもおすすめできる1台です。

 

■□■□■□■□スペック情報■□■□■□■□

▼車名
 日産・ルークス
▼全長/全幅/全高 mm
 3,395 / 1,475 / 1,780
▼車両重量
 950kg~
▼乗車定員
 4人
▼駆動方式
 2WD
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  18.8km/L~
 ▽JC08モード
  22.6km/L
▼メーカー希望小売価格
 1,415,700円~
 ハイウェイスターX:1,734,700円~
▼軽の森の相場
 ハイウェイスターX:1,498,000円~

軽の森の在庫はコチラ

▽出典
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/roox.html

★5位★【SKYLINE】

画像引用 △ スカイライン

最後にご紹介するのは、2020年日本ネーミング大賞で優秀賞を受賞したスカイラインのご紹介です。

スカイラインは高級車としても知られていますが、その快適性・走行安全性能には納得がいくシステムが備わっています。
上での説明しました日産の最先端技術『プロパイロット2.0』が搭載されており、ナビ通りの走行や追い越しなど、今までにない正確で安全な走行をサポートしてくれます。

ただ、1番安いタイプでも車両金額は4,353,800円~と、全く安いとは言えません(><)
高額車両でも購入できる日産の”残価設定型クレジット”でローンを組むのも一つの手です。 
この場合、一般のカーローンよりも金利は安く将来の下取り価格も保証されています。

最先端の技術が搭載されたスカイラインで、素敵なカーライフをお送りください٩( ”ω” )و

 

■□■□■□■□スペック情報■□■□■□■□

▼車名
 日産・スカイライン
▼全長/全幅/全高 mm
 4,810 / 1,820 / 1,440
▼車両重量
 1,700kg~
▼乗車定員
 5人
▼駆動方式
 2WD
▼燃費消費率
 ▽WLTCモード
  10.0km/L
▼メーカー希望小売価格
 4,353,800円~

▽出典
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

車の森の在庫を見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日産の魅力や、おすすめ車両をご紹介しました。
お目当ての車はありましたか(。´・ω・)?

日産は歴史が長く、今や世界でも有数の自動車メーカーとなりました。
日産の技術は高く評価されるだけでなく、環境問題にも積極的に取り組んでいる姿は日本の自動車メーカーとして頼もしい存在です。

これからも、進化し続けて発売される日産車に期待大です★

 

車の森では、お客様のニーズに合った車両を数多く取り揃えております。
日産車はもちろん、総在庫300台からお車をお選びいただけます。
また、知識豊富なスタッフがお車選びのお手伝いをさせていただきます♪
気になるお車がございましたら、車の森へお気軽にお電話やメールにてお問合せください。

皆様のご来場、お問合せ心よりお待ち致しております。

★車の森の在庫はこちらからご覧いただけます↓

車の森の在庫を見る

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

トップへ戻る